CandeeがKaizen Platformと協業、動画広告の制作から改善までを一括で提供

by THE BRIDGE編集部 THE BRIDGE編集部 on 2017.11.22

fullfunnel .png

モバイル動画を軸にメディア事業や広告事業を展開するCandeeは11月21日、WebサービスのUIやバナー、動画広告の改善サービスを提供するKaizen Platformとの協業を発表した。これにより両社は動画の制作および配信から効果測定、改善といったPDCA運用を一括で提供する。

ライブ配信動画9800本、 モバイル動画1300本を超える制作を実施してきたCandee。2017年6月に動画広告の改善プラットフォーム「Kaizen Ad」を公開したKaizen Platformと共にそれぞれの強みを活かしたサービスを展開する。提供する動画広告は企画時から複数のパターンを想定し、動画制作と改善を進めていく。

今後は動画広告の実例や配信する動画の素材、ノウハウなどを持っていない企業に対して同サービスを提案し、効果測定や再発注コストの削減を推進する。

 

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------