中国のUBTECH(優必選)がシリーズCラウンドで8.2億米ドルを調達、評価額は50億米ドルに——AI企業による単一ラウンド調達額で最高額を記録

by TechNode TechNode on 2018.5.17

Alpha1S
Image credit: UBTECH(優必選)

深圳を拠点とする AI ヒューマノイドロボティック企業 UBTECH(優必選)は、シリーズ C ラウンドで8億2,000万米ドルを調達したと、TechNode Chinese(動点科技)が伝えた。AI 企業による単一ラウンドでの調達額では新記録となる。この調達により、UBTECH の評価額は50億米ドルに達した。

Tencent(騰訊)がリードした今回の調達には、中国工商銀行、Haier(海尔)、Telstra、中国民生銀行、Juran Zhijia(居然之家)、CreditEase(宜信)、Geen Pine Capital(松禾資本)といった多くの投資家の参加に加え、2016年に UBTECH が実施した1億米ドルのシリーズ B 調達をリードした CDH Investments(鼎暉投資)が追加出資している。

UBTECH 創業者で CEO の Zhou Jian(周剣)氏は、新たな調達で貴重な投資家がもたらされ、得られた資金により UBTECH が将来の商業化計画に専念することが可能になるだろうと述べた。Jian 氏は、今回の出資が R&D、市場とブランディングの拡大、人材採用の3つの主要分野で使われると述べた。

UBTECH は、成人型ヒューマノイドロボットの開発に多くのリソースを投入し、特にロボット工学で使用されるサーボシステムの研究開発、歩行のための動作制御アルゴリズム、コンピュータビジョン(映像分析)に焦点を当てると語った。

2012年に設立された UBTECH は、ヒューマノイドロボット、業務用ロボット、子ども用 STim 学習用ロボット Jimu を開発した。UBTECH の製品は現在、アジア、北米、ヨーロッパ、東南アジアの40カ国以上で販売されており、世界中に7,000以上の小売店がある。同社は2016年、評価額が10億ドルを上回りユニコーンの地位に達した。

UBTECHは、Amazon や Disney といった多くのアメリカ企業と協力してきた。UBTECH のロボット「Lynx」は、Amazon の Alexa によって動作し、Alexa を通じてスマートホームデバイスを制御することができる。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------