サードプレイスアバター「エモモ」公開1週間で4000名利用の反響ーーVTuber人口倍増に貢献

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2018.8.9

IMG_1996
Mirrativのアバター機能「エモモ」

ライブ配信プラットフォーム「Mirrativ(ミラティブ) 」のアバター機能「エモモ」の反響が凄いことになってるらしい。運営するミラティブは8月9日、公開1週間で「エモモ」利用者が4000名を超えたことを公表した。

エモモは誰でもアバターをつけてゲーム実況が可能になるライブ配信機能。配信するユーザーは自分自身の分身をゲーム世界に登場させ、ゲームをしながら視聴者と一緒にライブ実況のコミュニケーションを楽しむことができる。

<参考記事>

同社のリリースによれば、2018年1月から半年間で4,000人を越えたVTuber人口を1週間で倍増させたことになるとしている。これはミラティブだけでなくVTuber全体の数字なので、エモモの登場で仮想空間へダイブしたかった潜在ユーザーがやはり相当数いたことが証明されたことになる。

グラフ:ユーザーローカルがCyberVと協力して8月6日に発表した、バーチャルYouTuber(VTuber)の市場分析より

なお、エモモはまだ限定公開中なので、一般公開が開始されれば、そのペースはさらに上がることが予想される。同社は引き続きキャラクターデザインや服装などを拡大させるほか、外部3Dモデルの持ち込みなども解放してく予定だ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------