デザインはスタートアップの成功にどの程度影響するのか?

by JasonLim JasonLim on 2012.4.24

【翻訳 by Conyac】 【原文】


スタートアップは常に忙しいものだ。製品を出荷して、厳しい市場に投入させて、状況を読みながら駆け引きを行うのは立ち上げ時に何より大切だ。しばしば、デザイン性に優れた製品やウェブサイト、アプリケーションが市場参入へのスピードを損なうのはこのためである。しかし特にアメリカでは、デザインに力を入れることによってより早い時期での成功が叶うという傾向がある。これは偶然の一致だろうか?私はそうは考えていない。

デザインが重要であるという私の意見を証明するにあたって、いくつかの例を上げてみよう。AppleのSteve Jobsは、狂気の沙汰ともいわれる執着でデザインの追求をしてきたことはよく知られている。彼は自分のデザインを製品にすることにはとにかく熱心で、その一貫としてリード大学でデザインについて勉強さえしている。人々がAppleの製品に魅了されるのは、それらを見たり手にとったりまた実際に使ってみても美しいことにある。

もっと最近の例には、AirbnbのCEOであり共同創設者でもあるブライアン·チェスキーがいる。彼はロードアイランドデザイン学校で、工業デザインの美術学士号を取得している。携帯アプリのPathも、デザイン性に優れていることでユーザーを獲得した一例であり、良いデザインはユーザーを惹きつける大きな理由となりえる。全てにおいてよくデザインされているため多くの人から愛されている。

視覚的に訴えかけるデザインは、ユーザを集め見せ続けるうえでの強力なツールである。例えデザイン性が製品の最重要項目でない場合でも、レイアウトやスペース、仕上がりはユーザーが製品を使う上で役に立つ。クラウドストレージのDropboxの開始時は、クラウドストレージそのものの注目度はまだ低かった。しかし、ウェブサイトとしてもモバイルアプリとしても非常によくデザインされていた。スタートアップにおいてデザインの重要さを理解人々であれば、おそらく危機に直面しても決して注意を払わないだろう。

Fastcodedesignは、Enrique Allenというデザイナーを中心にして活動している。彼はデザインの方法をスタートアップに教えること、また次世代のデザイナーや起業家に投資するDesigners Fundという投資会社を設立している。Allen氏はまた、デザインアドバイザーのアクセラレーター500Startupsチームを運営しており、そこでデザインすることで利益を最大化していく方法などをスタートアップに教えている。彼は素晴らしい製品を作る上でデザインは必要不可欠であると考えており、デザイナーでもある設立者は特異な強みを持っていると考えている。

Allen氏は、デザインは今日のテック業界でとても大切なものだと述べている。その理由として

1.消費者のテック系マーケットが激しくなるにつれて、技術的な性能ではなくブランドとエクスペリエンス・デザインが成功には欠かせないものになってくる。

2.イノベーションは革新的なコラボレーションのようなものである。デザイン、技術、ビジネススキルが結びつき臨界まで達することで後継製品が作られるのが早くなり、早い周期での対応が可能となる。

3.デザイナーである設立者は独自のスキルを持ち(見かけではない)、人的リソースの必要性が分かり、はっきりしないビジネスチャンスを見つけることができる。

ウォール・ストリート・ジャーナルが先日伝えたところによると、GoogleのベンチャーキャピタルであるGoogle Venturesもまた、そのポートフォリオ企業が良いデザインの価値を理解し取り込んでいけるような取り組みを強化していくとのことだ。同社では最近になって「デザイングループ」という小さなデザイナーのグループを編成し、すでに成果も上げている。状況改善のために必要な人材を探し雇用をサポートするCustomMade Inc.のイメージチェンジにおいては、ログイン後にプロジェクトを開始する人の数を200パーセント増やすことができた。差別化を図り、起業家にお金やアイデア以上のものをもたらしたいベンチャーキャピタルにとって、デザインのノウハウのようなしっかりとしたリソースを提供することは事業を進めるためにも重要なのである。

エンジェル投資家の方向性を変えた有名なアントレプレナーである500StartupsのDave McClureは、デザインとマーケティングはプログラムコードよりもはるかに重要であり、消費者向けのインターネットスタートアップが成功する上でマーケティングは最も大切な要素だという。また「本気で取り組まなければならないのは、素晴らしいプロダクト・エクスペリエンスを作り上げるデザイナーやプロダクト・マネージャー、効果が見え適応力を持つ一貫した販売戦略を見つけ出せるマーケティング担当者を探し出すこと」と語る。

中国系テック企業は、文字をたくさん羅列しただけのひどいデザインでごちゃごちゃしたレイアウトだと非難を受けることがよくある。これは単に文化であり、中国人はぶかっこうなウェブサイトを好むと言う人もいるが、私はそうは思わない。ユーザーの関心を集めるインパクトのあるデザインに注力している中国系スタートアップやテック企業もあるのだ。ソーシャルネットワークを基盤とする人気のウェブサイトには、Douban.com(豆瓣)や、またRenRen(人人)が最近リリースしたソーシャルトラベルウェブサイトのFengche.com(风车)、Kickstarter.comのクローンであるDemohour.com(点名時間)などがあり、デザインを重視した中国系スタートアップが次の世代に進化していく良い事例である。

スタートアップの成功において、ユーザーインタラクションとエクスペリエンスをもたらすデザインは明らかにその重要性を増している。また、デザイン性の加わったより価値の高いものをユーザーに届けることは、価格の高さを正当なものにし、それは利益幅の上昇にもつながる。これらの理由により、デザインや技術、ビジネスに精通した極めて有能なデザイナーというのは、影響力を持ち企業に貢献していく存在なのである。

【via Technode】 @technodechina

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------