食文化をより豊かなものにーー「ミイル」「豚組」の創業者が飲食店向け予約台帳アプリ「トレタ」をリリース

SHARE:

toreta

料理の写真共有サービス「miil(ミイル)」を運営するFrogAppsの創業者であり、西麻布にあるレストラン「豚組」のオーナーにして、「小さなお店のツイッター繁盛論」の著者でもある中村仁氏が代表取締役を務めるトレタが、本日飲食店向けのアプリ「トレタ」をリリースした。

中村仁氏がFrogAppsの取締役を辞任したことについては本誌でも取材している。いよいよ中村氏の新たな挑戦が明らかになった。

「トレタ」は、レストランや居酒屋などあらゆる飲食店の予約を、簡単・便利に管理ができるiPadアプリ。一般のユーザ向けではなく飲食店向けのアプリとなっている。アプリでは予約のデータ管理はクラウドで行い、音声録音や手書きのメモ機能、SMSでの顧客への確認連絡の送信など、従来の紙の予約台帳や、ASP型の予約管理サービスにもない、iPadアプリならではの機能が付与されている。以下はサービスの紹介映像。


飲食店のスタッフが日々顧客の予約管理に費やしてきた多くの時間が予約台帳iPadアプリ「トレタ」によって大幅に短縮が可能となる。トレタの中村氏は、同アプリについて以下のように語っている。

ミイルはエンドユーザーさん向けのサービスでしたが、トレタは飲食店を飲食店としたBtoBサービスとして企画・開発を行ってきました。僕自身が豚組を初めとした飲食店で長く現場に立ってきて、そこで多くの非効率や課題を目の当たりにしてきました。

その時に抱いた問題意識やフラストレーションは、ずっと自分の中で燻っていました。紆余曲折はありましたが、ついにそれを自ら解決することに挑戦したのがトレタなのです。

予約台帳は、飲食店にとって最もクリティカルな情報を管理する重要なツール。予約の管理ミスはお客様の満足度に致命的な影響を与え、飲食店経営にも大きな問題となりかねません。トレタはそれら予約情報や顧客情報の管理を圧倒的に効率化し、店舗のコストを削減するだけでなく、お客様の満足度を飛躍的に向上するサービスを目指しています。

screen480x480-1

飲食店での予約管理は紙の台帳を使っているところがほとんど。中村氏は、紙で管理をしている限り、そこには常に人為的なミスが付きもの、と語る。書き間違い、聞き間違い、勘違い、記入漏れ、字がきたなくて読めない、といったミスが起こる。

そして、「既存の予約管理ASPは、現場にとって理想的なものとは呼べない」と中村氏は考えている。現場を知る人々が、現場ファーストで企画、開発したアプリがトレタだ。トレタは、初期費用無料、1店舗あたり月額9,000円(税別)で利用が可能となっており、最初の1カ月間は無料でトライアルが可能となっている。

screen480x480

中村氏も語っているが、トレタのような「お店の魅力を高める活動を裏側で支えるツール」が登場することにより、飲食店のスタッフはお客さんへのサービスを充実させることにリソースを割くことができるようになる。食文化をより豊かなものにしていくこと。それこそが、トレタのミッションだ。

----------[AD]----------