AR技術とブロックを使って中国語の学習が可能なデバイス「ChineseCubes」

SHARE:

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

m_slider1-cube

AR(拡張現実)技術とブロック(キューブ)を組み合わせて中国語を覚えることができるのが「ChineseCubes」だ。

40個のキューブと4個のチューターキューブが入ったスターターキットが149ドルで、これを使うと2500もの中国語のフレーズを覚えることができるようになっている。

sub-how-top-image

ブロックには中国語と「ARコード」がプリントされており、Webカメラに向かってブロックを置くとコードが認識される。

ソフトウェア上でその文字(漢字)の書き方を見たり、発音を聞いたり、英語に翻訳したりすることができる。そして、ブロックを組み合わせることで文を作ることが可能だ。

ChineseCubes01

ブロックで遊ぶように組み替えることによって、楽しく学ぶことができそうだ。200個のブロックを使うことで30,000のフレーズやセンテンスを学習することができるとのこと。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録