WeChat(微信)が初の外国製ゲーム、Candy Crush Sagaの特別版をローンチ

SHARE:

After-a-long-wait-Candy-Crush-Saga-launches-on-WeChat

WeChat(微信)がソーシャルゲームのプラットフォームを展開してから丸1年、この人気メッセージアプリはついに外国製のゲームをラインナップに加えた。先週末(訳注:7月最終週)、待ちに待った Candy Crush Saga の WeChat エディションAndroid版がついにリリースされた。iOS版も近日リリース予定だ。

Candy Crush Saga WeChat エディションは同メッセージアプリか、Tencent(騰訊、HKG:0700)が同時に運営しているIMサービスのQQでもプレイできる。現在Candy Crush Saga WeChatエディションは、Tencent のAppGem アプリストアでのみ入手でき、またスペシャル招待コードを持ったユーザしか利用できない。ゲームへのリンクはこちら。招待コードがないためにソーシャルログイン画面から先に進めない(上の画面)多くのユーザからは星ひとつの評価を受けている。

最新の収支報告(2014年度第1四半期)で中国ウェブ大手の Tencent は、WeChat とその他多数のオンラインゲーム関連の収益が2014年度第1四半期では前の四半期に比べて23%増加し、103億9000万元(16億7000万米ドル)だったとしている。WeChat や QQ で提供されるモバイルゲームは第1四半期で18億元(2億8900万米ドル)の収益を計上し、2013年の第4四半期から3倍の規模となった。

ゲーム業界のある情報筋によれば、WeChat 版 Fruit Ninja も近日中にローンチ予定だという。Fruit Ninjaについて最初に話が上がった昨年11月から、発売が待たれていた。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------