ヒートマップによるモバイルアプリ向けアクセス解析ツール「Pt engine」が、Androidネイティブアプリに対応

SHARE:

ptengine_featuredimage

ヒートマップによるアクセス解析ツール「Pt engine(旧称:Ptmind、日本国外サービス名:Miapex)」を提供する Ptmind は今日、Pt engine をAndroid ネイティブアプリに対応させ、クローズドベータで SDK の提供を開始したと発表した。

これまで、Pt engine はスマートフォンに最適化された、ウェブ画面上でのヒートマップ・アクセス解析には対応していたが、ネイティブアプリには対応していなかった。Android ネイティブアプリ版 PT engine は、トラッキングSDKとレポーティングSDKで構成され、特に画面が自在に変化する表示が動的なアプリ(例えば、ニュースアプリなどでスクロールするもの)にも対応が可能となるため、同社は、広範なアプリ・デベロッパに細かいアクセス分析に利用してもらえることを期待している。

Android ネイティブアプリ版 PT engine の特徴は次の通りだ。

  • 実際のアプリ上で分析
    アプリ上でのユーザ行動をそのアプリ上でレポート化。アプリ上でレポート画面へ切り替えるだけで、ユーザー行動が可視化されるので、パソコンの必要がない。
  • 今と過去をレポート
    〝今〟アクセスしているユーザーのヒートマップも、特定の期間に利用したユーザーのヒートマップも閲覧できる。最大30日間の期間指定に対応。
  • スマートフォンでレポーティング可能
    自分のスマートフォンでいつでも、どこでもレポートを見ることができる。
  • 動的なヒートマップ描画
    画面スクロール等の操作により画面上に表示される内容が変化するアプリであっても、レポート画面にてスクロール等の操作を行い表示内容を変更すると、その表示されている内容に合わせて自動的にヒートマップが描画される。(以下の動画の8秒〜15秒を参照)

Pt engine は2013年10月に世界展開を開始し、日本国内ではこれまでに4,500サイト以上でアクセス解析に利用されている。Android ネイティブアプリ版 Pt engine はクローズドベータによる提供のため、このサービスの提供を受けたいデベロッパからは、このページから応募ベースで試験利用の申込を受け付けている。なお、iOS ネイティブアプリには、今後、対応していきたいとしている。

----------[AD]----------