トークアプリ「755」が累計250万ダウンロードを突破、年末年始のTVCM効果で大幅に数字を伸ばす

SHARE:

755

サイバーエージェントの連結子会社である7gogoが運営する、トークアプリ「755(ナナゴーゴー)」が、今年1月3日の時点でアプリダウンロード数が累計250万ダウンロードを突破した

同社は2014年12月26日より、トークアプリ「755」を実際に利用しているAKB48とE-girlsを起用したTVCMの放送を開始。年末年始で利用者数が急速に伸び、今回の数字の達成に至った。同社の発表によれば、2015年1月5日までの直近約10日間で、アプリダウンロード数は約200万件伸びているという。

「755」は、人気アーティストや芸能人のトークを自由に閲覧、コメントが出来、自分自身もトークを開設することができるというスマートフォンアプリ。本誌が昨年末に7gogoに取材した際には、1月末までに200万ダウンロードの達成を目標に掲げていた。予想を上回るペースで目標としていた数字を達成できたことから、ユーザからも大きな反響があったことが伺える。

<関連記事>

新たな芸能人のアカウント開設や新機能の拡充を予定していることを発表しており、引き続きダウンロード数が伸びることが予想される。


http://youtu.be/VTuH74q0EIo

----------[AD]----------