BEENOS投資先のインドの大手オンラインマーケットプレイス「ShopClues」が約117億円の資金調達

by Junya Mori Junya Mori on 2015.1.21

shopclues

BEENOSのインドにおける投資先である、大手オンラインマーケットプレイス「ShopClues(ショップクルーズ)」が北米の大手投資ファンドである「Tiger Global(タイガー・グローバル)」等より、合計で1億米ドル(約117億円)の資金調達の実施を発表した。

ShopCluesは、2011年1月に設立されたインド大手のマーケットプレイス。BEENOSによれば、ShopCluesは出店店舗数、出品商品数では、それぞれ、10万店、1,000万点とインドNo.1の規模を誇っており、3年以内に店舗数1,000万店、商品数10億点を目指しているという。

<関連記事>

BEENOSは、2013年1月に初のインド案件としてShopCluesへの投資を実施。同社はインドのインターネット市場をネクスト・チャイナとして捉え、人口の増加を背景に、今後市場が急成長する可能性があると見ている。

2013年1月の「ShopClues」への投資以降も、2013年12月にはインドのオンライン決済サービス「Citrus Pay (シトラスペイ)」に、2014年10月には、オンラインストアソリューション「KartRocket (カートロケット)」への投資を実施している。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------