中国の携帯電話ユーザー、ついに10億人を突破

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

こうなることわかっていたが、中国工業情報化部がついに、同国の携帯電話ユーザ数が10億人を突破したことを発表した。中国工業情報化部(MIIT)統計によると、今年の第1四半期に新たに4,300万人のユーザが加わり、その総ユーザ数を約10億3,005万2,000人とした。

もちろん、携帯電話の増加は固定電話の減少を意味し、中国における固定電話ユーザ数は、2012年最初の4ヶ月で100万台以上落ち込んでいる。その総数はおよそ2億8,375万8,000台とされる。

しかし、電気通信事業者は固定電話ユーザ数の減少にあまり焦りを感じていないようだ。業界の合計契約取引数が、2011年の第1四半期に比べて14.8%増加したためである。結局この四半期で、業界は4,190億人民元(660億米ドル)以上の業績をあげたことになる。

とにかく、これら10億人の携帯電話ユーザの大多数がフィーチャーフォン(いわゆるガラパゴス携帯)を利用している今のうちに、携帯アプリの開発者はコーディングに取りかかるべきである。あと数年で中国では「これか、これか、これか、これ」といったように安いスマートフォンが大量にあふれることになるだろう。これはつまり、中国がそれに応じたスマートフォン利用者の爆発的増加を経験するということである。その数はすでに急速に増加中なのである。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia