SXSWに集結した韓国スタートアップ5社をご紹介

SXSW(サウスバイサウスウエスト) Interactive がテキサス州オースティンで開催されています。韓国のテックニュース・メディア beSUCCESS 英語版の元エディターで、先日、スタートアップの世界展開向けPR会社「G3 Partners」を設立した Nathan Millard が、韓国スタートアップの SXSW 訪問団に随行しており、寄稿をいただいたので翻訳してご紹介します。

korean-startups-at-sxsw-featuredimage

技術は世界のあらゆる場所のスタートアップが、グローバルなプロダクトやサービスを作るのを可能にする。この数年間、韓国のスタートアップはこのグローバルトレンドを追いかけるべく努力してきたが、ようやくそれが波を起こしつつある。今年の SXSW(サウスバイサウスウエスト)には5つの韓国スタートアップが参加し、アメリカでの事業機会やアメリカへの市場参入に向けたパートナーを見つけたいと意気込んでいる。

ソウルでコワーキング・スペースやイベント、インキュベーションでスタートアップを支援している銀行青年創業財団(은행권청년창업재단、通称 DreamBank)に引率され、次の5つのスタートアップが韓国から参加している。

You Are The Designer

you-are-the-designer-at-sxsw-interactive-2015

You Are The Designer は、靴業界にカスタマイゼーションのしくみを提供。ウェブベースのサービスを用いて、アマチュアデザイナーはもとより、消費者までもが自分の靴をデザインし、そのデザインをマーケットにアップすることができる。

マーケットに出品したデザイナーは、定期的に開催されるコンテストで選抜され、出品された靴が売れれば手数料を稼ぐことができる。現在、韓国国内でベータ版が公開されており、これまでに4.8万人のユーザがサインアップし、50万件のデザインが製作された。2015年夏、グローバルローンチを計画している。

Zikto

zikto-at-sxsw-interactive-2015

Zikto はソウルとロサンゼルスを拠点とするスタートアップで、ウエアラブルデバイス「Arki」を開発している。歩く姿勢を直し、腰や関節の問題を解決することで健康上の利益をもたらす。

Zikto は腕につけるウエアラブルデバイスのセンサーを使って歩く姿勢を分析できる特許技術を開発、このセンサーはスマートフォンのアプリと接続できる。アプリは歩くパターンを記録し、改善策を提示する。Kickstarter で韓国市場最も成功したスタートアップとなり、2014年12月に終えたクラウドファンディングでは15万ドル以上を調達した。現在、予約注文を受け付けており、数ヶ月後には量産体制に入る見込みだ。

<関連記事>

Mindquake

Mindquake は適応学習・トレーニングサービスを提供する Edutech スタートアップ。子供達がタイムマネージメント、セルフコントロールを学ぶのを助ける。Mindshake は保護者と子供向けに Nester というアプリを開発、子供には安全で楽しめるスマートフォン体験を提供、保護者には子供がスマートフォンを利用する時間を制御する機能を提供する。

Nester を使えば、保護者は不適切だと思うアプリをブロックし、子供にセルフコントロールを教えることができる。Android アプリは Google Play からダウンロード可能、現在 iOS 版を開発中だ。

ChattingCat

chattingcat-at-sxsw-interactive-2015

ウェブベースのリアルタイム英語添削サービス。非ネイティヴの英語話者がより滑らかに英語を話せるようにする。メールを書いたり、書類を作成したりなど、仕事中にサポートが必要な非ネイティヴ英語話者をターゲットにしている。ユーザは ChattingCat のウェブサイトに文章をアップロードすると、クラウドを通じて言語チューターに転送される。

添削結果は概ね4分以内に戻され、プラットフォームの成長とともに、この時間はより短縮される見込みだ。ChattingCat は SXSW 期間中コンテストを実施しており、「Bloken Engrish(編注:意図的スペルミスがある)」のイメージを #ChattingCat のハッシュタグをつけてアップロードすると、1,000ドル分の Amazon のバウチャーが当たる。

500videos

500videos-at-sxsw-interactive-2015

500videos は、ビジネスが世界と対話する方法をビデオを通じてディスラプトしようとしている。このサービスは、昔ながらのビデオ制作ならごく短時間のカットに200ドルと言われる世界に、プロレベルの技能を早く安く提供しようとするものだ。ビデオの信頼性を高める認証サービスも提供している。

すべてのビデオは、500videos がクライアントのオフィスで撮影し制作する。ゴールドマン・サックスから4,000万ドルを調達し、日本やアジアでサービスを展開する韓国最大のフードデリバリ・アプリ「配達の民族(Woowa Brothers)」と契約を締結。

<関連記事>

----------[AD]----------