Accelが欧州とイスラエルのスタートアップを対象に、5億ドル規模のファンドをローンチ

SHARE:
 via Flickr by “A Health Blog“. Licensed under CC BY-SA 2.0.
via Flickr by “Metropolico.org“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

<ピックアップ>Accel targets ‘unprecedented opportunity’ in Europe and Israel with fresh $500 million fund

ベンチャーキャピタルの Accelが、5億ドル規模の大型ファンドを設立した。イスラエルとヨーロッパの「次世代起業家」を支援することを目的としたものだ。

1983年にシリコンバレーで創業した Accelは、現在ニューヨークとバンガロール、ロンドンにもオフィスを構えている。この最新の5億ドル規模のファンドは、ここ最近続いていた欧州での大規模ファンド設立に続くものだ。

今年の2月にはIndex Venturesが米国、欧州、イスラエル向けの5億5000万ドル規模のファンドをクローズ。中国の投資ファームChina Equity Groupのスピンオフ企業Cocoon Networksは、中国での拡大を目指す欧州スタートアップ向けに7億1500万ドルのファンドを今年1月に設立している。欧州のVC Lakestarは、昨年末に欧州と米国のスタートアップ向けに4億ドル規模のファンド設立を発表。欧州への投資活動の勢いはここ最近高まっている。

今回のAccelによるファンドは、アーリーステージとグロースステージの投資にフォーカスし、領域としては SaaS、マーケットプレイス、「次世代インフラ」分野への投資を検討しているとのことだ。

関連記事: 欧州のスタートアップシーンで存在感を増す中国ーー7億1500万ドル規模の新ファンド設立へ

via. VentureBeat

----------[AD]----------