AIマーケティングソリューション提供のAnyMind Group、シリーズBラウンドで1,340万米ドルを調達——LINEや未来創生ファンドらが参加

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.10.29

anymind-group-team
左から:AnyMind Group CastingAsia 事業統括 林信吾氏、AnyMind Group 共同創業者兼 CEO 十河宏輔氏、同共同創業者兼 COO 小堤音彦氏、AnyMind Group TalentMind 事業統括 近藤聖氏
Image credit

アジア各国で AI を活用したマーケティングソリューションなどを提供する AnyMind Group は29日、シリーズ B ラウンドで1,340万米ドルを調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、LINE、未来創生ファンド(スパークス・グループが運営、トヨタ自動車と三井住友銀行が出資)、JAFCO Asia、ドリームインキュベータ。このうち、JAFCO Asia からは昨年4月のシリーズ A ラウンドで1,200万ドルを調達、ドリームインキュベータからも2017年の業務連携発表時に出資を受けているようだ。AnyMind Group の累積調達金額は約2,800万米ドル。

未来創生ファンドなどのファンドからの参加は、純然たる出資を意図している可能性が高いが、LINE の出資背景にはデジタルマーケティング分野での協業がある模様だ。具体的な協業内容は明らかになっていないが、LINE はユーザが増加傾向にある日本以外のアジア地域(台湾、タイ、インドネシア、香港)で、「LINE TODAY」や「LINE TV(日本からは利用不可)」といった新しいメディアチャネルを展開しており、AnyMind Group がアジアに強いことを考慮すると、これらのメディアに AnyMind のソリューションを導入する可能性が推定できる。

3期目を迎える AnyMind はエンジニア(特に Python デベロッパとデータサイエンティスト)の獲得に注力を入れ始めた。これまでベトナムのホーチミンシティに合ったエンジニアリング拠点を、東京とバンコクのオフィスにも設置しエンジニアを増員する。特に、旧ソビエト連邦や東欧諸国の優秀なエンジニアの中には、気候が温暖でマリンスポーツが身近な東南アジアでの就労を希望する人も多いそうで、AnyMind がこれらの地域でのハイヤリング活動を積極化させる。

同社の社員数は現在、グローバルで約330名。東京では新卒採用を開始し、来春新たに10名が入社する予定だ。これまでアジアを中心に展開していた「TalentMind」の日本向けローカライズが完了し、今秋から日本国内での営業活動を開始する。TalentMind はジョブボードをアグリゲートし、採用担当者や面接担当者が人事採用プロセスを一元管理できる SaaS プラットフォームだ。

<関連記事>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------