AdAsia Holdingsが台湾の新VPを指名、グローバル拡大の動きを強化

SHARE:
adasia_holdings_appointment.jpg
AdAsia Holdings 台湾部門 VP Vivian Yen 氏
Image Credit: AdAsia Holdings

シンガポールを本拠とする人工知能・アドテック企業の AdAsia Holdings は本日(6月14日)、Vivian Yen 氏を台湾部門バイスプレジデントに指名した。

Yen 氏は台湾に駐在し、同社の台湾営業部門を統括する。

AdAsia Holdings に加わる以前には、Yen 氏は様々なメディアエージェントおよびアドテック企業にて幹部ポジションを務めた経歴を持つ。MediaCom Taiwan にてゼネラルマネージャーを務め、ZenithOptimedia Taiwan では VP、Advanced Pioneer International(のちに Group M に売却)では CEO を務めた。

同氏は複数の e コマースおよびトラベルテック企業に対する投資家でもあり、また、マーケティングテックおよびデータアナリティクス企業向けのマーケティングコンサルタントとしての顔も持つ。

プレス声明で Yen 氏は次のように述べている。

台湾市場がよりデジタルファーストのアプローチに移行していく中、企業がターゲットにより効果的にリーチしていくことを支援する上で AdAsia Holdings は最高の位置にいます。AdAsia Holdings のさらなる高成長への貢献を目指すとともに、エネルギーにあふれる才能ある台湾チームの一員になれることを嬉しく思っております。

同氏の指名は、最近の企業戦略部門 VP の Vivek Misra 氏の指名に続くものとなった。

AdAsia Holdings は、オンラインディスプレイ、ネイティブ動画広告、インフルエンサーマーケティングにまたがる包括的なエンドツーエンド・ソリューションを提供している。

2016年4月に十河宏輔氏と小堤音彦氏によって設立され、グローバル展開を加速しており、最近の進出市場の1つに香港がある

9ヶ国10都市に進出済みで、世界で130名超のスタッフを擁する。

4月には、東南アジアで2017年に報じられた中で最大となるシリーズ A ラウンドを実施し、1,200万米ドルを JAFCO Asia から調達した。

また、2018年後半から2019年前半にかけて香港または東京での IPO を計画している。

【via e27】 @e27co

【原文】

----------[AD]----------