AdAsia Holdings、広告枠自動買付機能と東南アジアのローカル媒体を束ねるアドネットワークをローンチ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2016.5.11

adasia-digital-platform_featuredimage

先月7日にシンガポールで産声を上げたアドテク・スタートアップの AdAsia Holdings(以下、AdAsia と略す)だが、同社のサービス内容が明らかになった。AdAsia は11日、プログラマティックバイイング(データに基いた広告枠自動買付機能)とレポート管理機能を備えた「AdAsia Digital Platform」、東南アジアのローカル媒体を束ねたアドネットワーク「AdAsia Ad Network」の提供を開始した。

プログラマティックバイイングとは、自社ウェブサイト、CRM、顧客ローヤルティプログラムなどとの連携により、よりキメの細かい広告のターゲット・オーディエンスの設定が、人手による運用を最小限にとどめた形で可能で、ターゲット外のユーザや偶然来てしまったユーザによる訪問について、広告主は広告料金を支払う必要がなくなる。

Google や Facebook に代表されるあらゆるアドネットワークでは、配信条件や配信ターゲットの設定、パフォーマンスを見るレポートの確認などが必要になるが、AdAsia Digital Platform では、この一連作業を部分的に自動化できる。AdAsia Digital Platform の機能の一つとして AdAsia Ad Network として提供することにより、運用上の利便性を兼ね備えることで、既存のアドネットワークとの差別化を図りたい考えだ。

AdAsia Digital Platform では、AdAsia Ad Network 以外の他のアドネットワークのパフォーマンスを含んだ一元管理を実現しており、将来的には、現在 AdAsia が開発中である、スマートTV視聴者向けのインターネットを介した動画広告についても配信できるようにする計画だ。

AdAsia では本日現在で有名航空会社、米系自動車メーカー、日系菓子メーカー大手をはじめ30社での採用が決まっており、2016年中には10億円の売上達成を目指している。

adasia-digital-platform-diagram

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------