BlueOcean Ventures II、ブロックチェーン対応VCファンドで医療革新を狙う

by Stewart Rogers Stewart Rogers on 2018.10.13

Blue-Ocean-Ventures-II-blockchain-VC-fund-medtech
Image Credit: Pixabay

病気やがんを検査する AI から、患者に世界的な医療を提供するブロックチェーンまで、すべてにおいて、現在の新技術は現実に医学に影響を及ぼしている。

この流れを促進するため、BlueOcean Ventures II は、BOV Token の販売に特化したセキュリティトークンオファリング(STO)プラットフォーム「SwissVCToken」のローンチを発表した。医療技術向けのベンチャーキャピタルファンドで初めてトークン化を行ったという。同社はこのプラットフォームで、医療機器やライフサイエンス分野のスタートアップへの投資に重点的に取り組む。ブロックチェーン技術や分散型台帳、仮想通貨などのメリットを受けられると考えられるフィールドだ。

医療技術は、医薬品産業とマイクロメカニクス・マイクロエレクトロニクスの岐路にあります。この2つの業界は、スイスでは特に発展し、機能している業界です。

BlueOcean Ventures II のゼネラルパートナー兼共同設立者、Emmanuel de Watteville 氏は筆者に語った。

現在スイスは、医療技術やライフサイエンス事業で、世界的な舞台においてますます高い評価を受けています。成長著しいベンチャーキャピタルの状況や質の高い起業家の数、高度なインフラ、成功しているアーリーステージのビジネスが、スイスの医療技術分野における世界的リーダーとしての舞台を築いています。

医療技術は、私たちに影響を及ぼす広範囲の健康問題を診断、検査、治療する、仮想メソッドの創造を目指している。医療サービスを効率化し、緊急事態では援助を行い、患者の小さなニーズにも応じるデバイスを構築することは、現在の医療提供範囲を拡大することを意味する。

de Watteville 氏は次のように話す。

素晴らしい成功例としては、今年3月、スイス証券取引所での IPO で1億4,200万米ドルを資金調達した、スイスを拠点とする Medartis があります。この IPO で同社の企業価値は当時6億3,000万米ドル以上になりました。投資家の視点から見ると、医療技術のイグジットは早いです。つまり、現金からイグジットへの投資サイクルが、バイオテクノロジーに比べて非常に短いのです。

BlueOcean Ventures II では、専門アドバイザーと業界関係者のネットワークを利用し、財務ガイダンスや戦略的アドバイスでスタートアップの構築、管理、指導を支援する。 すでに、有望なスタートアップ5社にも投資している。Ava(2017年と2018年にベスト・スイス・スタートアップに選出)、Rheon Medical、Volumina Medical、Luciole Medical、Abionic だ。

BlueOcean は STO プラットフォームを通じて同社の BOV Token を販売する。BOV Token は実際の資産に裏付けられており、既存の投資先企業の価値に基づいている。このトークンで、資格要件を満たした認定投資家は、BlueOcean Venture ll の投資先企業から早期に間接的に利益を得ることができる。

では、ブロックチェーン技術はマーケットプレイスにどのような影響を及ぼすのだろうか?

弊社では、ブロックチェーン技術はベンチャーキャピタル業界や多くの「非流動的な」業界における一般的な投資パラダイムを変化させ、ディスラプトしていると考えています。

de Watteville 氏は言う。

ベンチャーキャピタル企業の従来の資金調達プロセスは、一般的に、特に要求が厳しく、書類作成が大変で、本拠地の影響を受け、深く結びついたネットワークがないとほとんど利用不可能なものでした。さらに、個人がベンチャーキャピタルファンドに投資しようと思っても、ファンド内の関連する意思決定者にたどり着くには、かなり多くの資金と適切なネットワークが必要でした。ベンチャーキャピタルで持分を持つということは、6年から10年の間、再売却の可能性がほとんどない状態で「閉じ込められる」ということを意味しています。

ブロックチェーンや仮想通貨を使用すると、即時流動性の結果、この問題は消え失せる。しかし、プラットフォームにブロックチェーン技術を使用する理由はそれだけではない。

セキュリティトークンの第2のメリットは、トークンの性質によるものです。世界中で24時間年中無休で開いている登録プラットフォームを通じて簡単に利用や転送が可能で、分散型台帳技術(DLT)を通じて簡単に分割や追跡が可能です。セキュリティトークンは、BlueOcean Ventures II のような会社やファンドに、これまで不可能だった説明や設備を使って、効率的に資金を調達、管理する方法を提供してくれます。(de Watteville 氏)

Blue Ocean Ventures II では医療業界のアーリーステージスタートアップへの投資に重点を置いている。スイス拠点であれば、リード投資家としての役割も果たすことができる。

弊社の目標は投資先を増やすことです。STO で調達する額にもよりますが、少なくとも8社から12社を目指しています。(de Watteville 氏)

500万トークンの先行販売は、60%のボーナス付きで2018年10月15日に開始する。先行販売は、2,000万トークンに30%のボーナス付きで2018年11月30日まで継続する。STO の純収益の100%が BlueOcean Ventures II に投資されるという。トークン所有者は、投資すると、ファンドの収益から比例分配を受け取るまで待つか、2019年第1四半期以降にトークン取引所で売るか選択できる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------