電動スクーターの需要予測「Zoba」が300万ドル調達ーー【今日の調達まとめ読み】

本稿は世界のスタートアップシーンを伝える起業家コミュニティFreaks.iD編集部との連動記事。若手起業家の集まるCxO Night定期開催中。資金調達やイベント情報はサイトもしくはこちらでチェックしてください

01_ViSenze
Image Credit: ViSenze

シンガポール発、画像検索エンジン「ViSenze」がシリーズCラウンドで2,000万ドルを調達。ユーザーは欲しい商品を写真に撮るだけで複数のECサイトから商品検索できる。該当商品の類似品をリコメンドする機能も特徴。すでにユニクロなどの大手ファッションブランドサイトと連携しており、現在800ブランドと提携して合計4億種類の商品を扱っているという。- ViSenze raises $20 million to further develop its AI product comparison tools

02_WaitWhat
Image Credit: WaitWhat

ポッドキャストコンテンツを制作する「WaitWhat」がシリーズAラウンドで430万ドルを調達。著名投資家リード・ホフマンがスタートアップのスケール方法などについて述べている人気コンテンツ「Masters of Scale」などのコンテンツ制作を手がける。2017年のポッドキャストコンテンツ産業の収益は3.14億ドルに過ぎなかったが高い市場成長が期待されている。Spotifyがポッドキャストスタートアップ「Gimlet」や「Anchor」を買収した件がその証左であろう。今回のラウンドにはリード・ホフマンらが参加した。 – Podcasting startup WaitWhat raises $4.3M as interest in audio content explodes

03_Szent
Image Credit: Szent

飲料水ブランド「Szent」が220万ドルを調達。無糖フレバー付きの飲料水を開発しており、現在Amazon.comで一本2ドルで販売する。同社が発売するフレバー水は天然物によって香り付けがされており、パッションフルーツ、タンジェリン、トロピカルフルーツ、パイナップル、ミントの5種類のラインナップがある。- Beverage startup Szent nabs $2.2 mln

04_Zoba.png
Image Credit: Zoba

電動スクーターの需要予測サービス「Zoba」がシードラウンドで 300万ドルを調達。スクーターや自転車のシェアリングビジネスを展開する企業向けに都市の交通移動量の分析・予測サービスを提供。スクーター置き場設置の最適化に貢献する。都市のレイアウトだけでなく天候などの環境要因のデータの分析もサービスに反映する。今後は物流や配達スタートアップへの展開も構想しているという。- Zoba raises $3 million to help mobility companies predict demand

05_AIStorm.png
Image Credit: AIStorm

AIチップ開発企業「AIStorm」が1,320万ドルを調達。同社AIチップは従来のGPUと比べ5〜10倍ほど消費電力が低いという。また、記憶素子間の電子活動をコントロールする「Switched charge」という特殊技術を保有しており処理速度を向上させているとのこと。同社AIチップは2020年に出荷予定。 – AIStorm raises $13.2 million for AI edge computing chips

06_Circle.png
Image Credit: Circle

子ども向けスクリーンタイム管理アプリ「Circle」がシリーズBラウンドで 2,000万ドルを調達。スマートフォン利用時間の計測及び制限をするアプリを提供。一定時間を超えるとアプリを通じて利用者とその親へ警告通知をする。10代のiPhone利用者の親をターゲットに提供している。アプリのカテゴリーに応じた利用時間の設定や複数デバイス間の同期ができる点が特徴。また、家族全員のデジタル活動時間をWifiの利用状況から計測するハードウェアも開発している(小売価格で99ドル)。- Circle raises $20M Series B to help even more parents limit screen time

07_Vincross.png
Image Credit: Vincross

北京発、六足歩行ロボットとそのOSを販売する「Vincross」が 1,000万ドルを調達。六足歩行のロボット「HEXA」とOS「Mind Kit」を販売する。ユーザーがOSにプログラムを自由に入力し制御できる点が特徴。たとえば文字を書かせたり、音楽を奏でさせることができる。「HEXA」は720ピクセルのカメラ、距離感知センサーWifiを搭載。949ドルから販売する。- Lenovo leads $10 million investment in robotics startup Vincross

08_nsKnox
Image Credit: nsKnox

イスラエル発、企業を詐欺から保護する「nsKnox」がシリーズAラウンドで1,500万ドルを調達。会社の決済承認プロセスをソフトウェアで管理、トランザクションを複数回検証してハッカーや詐欺によって企業が被害を受けることを防ぐ。2017年度には78%の企業が支払い詐欺の被害にあったというデータもある。- nsKnox Raises $15M Led by Viola Ventures & M12, Microsoft’s Venture Fund, to Meet Growing Demand for Corporate Payment Protection

----------[AD]----------