ショールームサービス「b8ta(ベータ)」、今夏開設予定のショップでスタートアップ・D2Cブランド向け出品料割引プログラムを提供へ

SHARE:
今夏、有楽町に開設予定の b8ta ショップのイメージ図
Image credit: b8ta Japan

IoT 家電などを販売するショールームサービス「b8ta(ベータ)」は1日、スタートアップや D2C ブランド向けに店舗出品料を割り引くプログラムを展開すると発表した。同社が今夏開設予定の、新宿マルイ本館または三菱地所が一部保有する有楽町電気ビル内のショップ出品にあたり、出品費用の月額30万円前後(税抜)のうち、1社あたり月額22万円を上限に最大2ヶ月間 b8ta Japan が補助をする。このフォームを通じて4月14日23時59分まで応募を募り、プログラム提供先は応募社の中から選考を経て決定される。

b8ta Japan によれば、このプログラムの展開は、新型コロナウイルスの影響を受けるスタートアップや D2C ブランド のビジネス成長や当座の売上支援を意図したものだ。ガジェットや家電製品のみならず、ファッション、コスメ、飲料・食品(店頭では試飲と試食のみ)、アプリ、サブスクリプションサービスなどが募集対象で、4月30日時点で日本国内での販売が可能な製品やサービスか、体験できるプロトタイプがあることが条件となる。

<関連記事>

Image credit: b8ta Japan

このプログラムに選定されたスタートアップや D2C ブランドは、新宿と有楽町のどちらの店舗に出品するかを選ぶことはできない。最低契約期間は3ヶ月間で、8月8日には b8ta とプログラム提供先のスタートアップや D2C ブランドらにより、店内イベントが共同開催される予定だ。

2015年にサンフランシスコで創業した b8ta は、シリコンバレーなどで人気を誇るテクノロジーショップを運営する RaaS(Retail as a Service)スタートアップ。これまでにアメリカの主要都市やホームセンター大手 Lowe’s 内に数十店舗を展開している。今年1月、b8ta と VC である Evolution Ventures が共同出資で b8ta Japan を設立、今夏には新宿マルイ本館と三菱地所が一部保有する有楽町電気ビルへ出店することが発表された。

Evolution Ventures には、丸井グループ、三菱地所、ホームセンター大手のカインズが出資、b8ta のアメリカ法人には、凸版印刷が出資している。

via PR TIMES

----------[AD]----------