女性ストリーマーAnne Munitionさんに聞く:ゲームでお金を稼ぐ「レジャーエコノミー」とは(4/7)

SHARE:
Anne Munitionさんはイベントや旅行に行ける日々を失った
Image Credit: Anne Munition/Redbull

(前回からのつづき)

GamesBeat: ブランドとの提携はどうですか?まずは心から好きでなければならないのでは?

Munition: 私はいつも視聴者に、私にとって大事なことは、自分が本心からこのプロダクトを宣伝できると感じていることだと伝えています。個人的に使わないようなプロダクトを宣伝したり、スポンサーシップを結んだりすることはしません。真摯であることが大切です。でなければ、どうでもいい人々にプロダクトを勧めているような気持ちになってしまいます。それは気分の悪いものです。

GamesBeat: 人々が収入を得る方法が変わってきています。大きなものの一つとして、ゲームをプレイすることによって収入を得る「レジャー・エコノミー」という考え方があります。私たちはまだその域に達してはいませんが、そこに辿り着ける人が増えてくるとよいと思います。それには、人々にお金を支払う方法、人々が収入を得る方法において、何らかの改革が必要となるでしょう。

Munition: 前にも触れたようにTwitchに関しては、数百万とまではいかなくても、数十万人のストリーマーが存在していて、ストリーミングで収入も得ようとしています。ただ人々が消費できるコンテンツには限りがあります。私はTwitchにはまだまだ成長の余地があると考えています。しかし、多くの人はTwitchとは何かを知りません。提供されるコンテンツの種類は大幅に拡大しています。Twitchの初期、justin.tvの時代は、ゲーミングばかりでしたが、今やIRL(InRealLife)コンテンツにまで広がっています。料理から木工まで、あらゆる種類のストリーミングがあります。Twitchにまだ未体験のストリーミングがあるという視聴者は大勢いるでしょう。

GamesBeat: ストリーミングはTwitchだけですか?他のプラットフォームはいかがですか?

Munition: YouTubeにもチャンネルを持っています。私は毎日ライブストリーミングをしていて、そのハイライトをYouTubeに載せています。ですが私はTwitchと契約を結んでいます。他に「Cameo」(訳注:著名人への動画リクエストサービス)のような種類のサービスも知っていますが、おそらく仕事としてはうまくいかない気がします。私に何か頼むためにお金を払わせるのは奇妙に感じます。よく分かりませんが、ちょっとおかしい気がするのです。

そうではなく、視聴者と遊ぶような時間を持ちたいです。行列ができていて人々はただぐるぐる回っているだけ、そんな感じです。否定するわけではありませんが、個人的に奇妙に感じるだけです。多くのストリーマーは本当にクールなコンテンツを作ることができます。たとえば、「Patreon」(訳注:クリエイター支援サービス)で人々がしていることはとてもかっこいいと思います。私のためではありませんが。

GamesBeat: 最もうまくいった動画、あなたのベスト・パフォーマンスを一つ挙げるとしたら何ですか?

Munition: ブログや、なんでも聞いてくださいといったタイプの動画になると思います。

GamesBeat: チャリティストリームもいくつかやっていますよね。どうでしたか?

Munition: チャリティストリームは大好きです。GCXのTwitchチャリティストリームに参加しましたが、かなり大きな額になりました。4時間で約5万ドルを調達しました。すごいことです。私は時折、自分のストリームで、大学生のころ食べ物を買う余裕がほとんどなかった話をしています。私は母に電話して、食べ物を買うために20ドルをお願いしました。やりくりに苦労した経験を通して、いま自分が持っているものにとても感謝できるようになりました。できる限り自分が持っているものを使って他の人の助けになりたいと思うようになりました。

GamesBeat: もし、ストリーマーになっていなかったら、何になっていたと思いますか?

Munition: 私はグラフィックデザインの学校に通い、ストリーミングを始めたころはデザインの仕事をしていました。その業界のどこかで働いていたと思います。ずっとゲームに興味を持っていたので、ゲーム開発会社でUIデザインをしていたかもしれません。そうなればクールでしたね。

GamesBeat: コンテンツクリエイターとしても役立つスキルですね。

Munition: ええ、チャンネルではそういったアートワークもたくさん作っています。

GamesBeat: ストリーミングを進化させるにはどんな方法があるでしょう?将来的なロードマップはありますか?

Munition: IRLコンテンツの進化が楽しみです。IRLは本当に面白いです。今のところ、もちろん、DMCA(デジタルミレニアム著作権法)の懸念があります。ゲームストリーミングが進化して、ゲームのサウンドトラックをミュートする必要がなくなるといいのですが。音楽業界がゲームやTwitchのような企業と連携し、音楽をオフにすることなく完全な体験としてゲームを楽しむことができればすばらしいと思います。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE_Tokyo_Meetup