金融トレーニング「ABCash」運営、シリーズCラウンドで12億円を調達

SHARE:
Image credit: ABCash Technologies

金融に関するトレーニングサービス「ABCash」や福利厚生サービス「ABCare」を提供する ABCash Technologies(エービーキャッシュテクノロジーズ)は30日、シリーズ C ラウンドで約12億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、三菱 UFJ イノベーション・パートナーズ、SBI インベストメント、Aflac Ventures、SV-FINTECH Fund、Hamagin DG Innovation Fund、マネックスグループ、FFG ベンチャービジネスパートナーズ。

これは ABCash Technologies にとって、2020年6月〜10月に実施したシリーズ B ラウンドに続くものだ。三菱 UFJ イノベーション・パートナーズはシリーズ A ラウンドに続いて、また、SV-FINTECH、SMBC ベンチャーキャピタルはシリーズ A および B ラウンドに続いてのフォローオン。今回ラウンドを受けて、創業以来の累積調達金額は約25.5億円に達した。

ABCash Technologies は、サイバーエージェント出身の児玉隆洋氏らにより2018年創業(当時の社名は bookee)。貯蓄・住宅・保険・投資などを中心として、個人向けにはお金のパーソナルトレーニングサービス ABCash、法人向けには法人向けお金の福利厚生サービス ABCare を提供している。ABCash 受講者10,000人以上のお金にまつわるディープデータや、ABCare に蓄積された20,000件以上の Q&A に基づいた AI の活用によって、学習コンテンツのパーソナライゼーションの精度を高めているという。

「お金版のライザップ」の異名を持つこのビジネスは、アメリカでは The Financial Gym が2017年にサービスを開始、2020年1月にアメリカの資産運用会社 VanEck がリードしたシリーズ A ラウンドで、600万米ドルを調達している。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録