セールスフォース、「Marketing GPT」と「Commerce GPT」を発表——各種製品へのジェネレーティブAI導入強化へ

SHARE:
左から:「Marketing GPT」と「Commerce GPT」
Image credit: Salesforce

CRM 大手の Salesforce は7日、2つの新しいジェネレーティブ AI 製品をデビューさせた。先週開催されていたカンファレンス「Connections」で発表された「Marketing GPT」と「Commerce GPT」は、Salesforce の「Marketing Cloud」と「Commerce Cloud」を強化し、企業がワークフローから反復的で時間のかかるタスクを取り除き、パーソナライズされたキャンペーンとショッピング体験を、大規模に提供できるようにする。

このニュースは、先月の Slack GPTTableau GPT の発表に続くもので、Salesforce が AI にますます注力し、ジェネレーティブ AI が同社の中核的な製品やサービスの中心に位置するように針を動かしていることを強調するものだ。ただし、これらの製品の機能はすぐに利用できるわけではなく、2023年夏から段階的に展開される予定だ。

Marketing GPTとCommerce GPTはどのように役立つのか

各システムのデータから構成される顧客プロファイルをホストする「Salesforce Data Cloud」と、ジェネレーティブ AI アシスタント「Einstein GPT」で動く Marketing GPTは、ユーザが自然言語を使用して Marketing Cloud システムとのやり取りを可能にする。

まず最初に、Marketing Cloudのユーザは、自然言語のプロンプトを入力して Data Cloud のプロファイルを照会し、ターゲットとする新しいオーディエンスセグメントを特定することができるようになると同社は述べた。また、Einstein GPT に、キャンペーン用の件名や本文を含むパーソナライズされたメールの作成・修正を依頼したり、プラットフォーム内の Typeface を使って文脈に沿ったビジュアルアセットを作成することもできる。

それだけではない。

Marketing Cloud では、ジェネレーティブ機能に加え、AI を活用したセグメントインテリジェンスや迅速な ID 解決機能を得ることができる。

前者は、Meta と Google のファーストパーティデータ、収益データ、ペイドメディアデータを自動的に接続し、ターゲットとするオーディエンスセグメントに対するキャンペーンのパフォーマンスを包括的に把握することが可能だ。

後者は、AI を用いて異なるデバイス/体験にまたがる顧客のアイデンティティを自動的に解決し、よりパーソナライズされた体験のために情報を集約するものだ。

プレスブリーフィングで、Salesforce Marketing Cloud の EVP 兼 GM の Stephen Hammond 氏は、ID 解決機能にはエンドユーザのオプトインが必要であることを指摘した。

「Segment Intelligence」

Marketing GPT がパーソナライズされたキャンペーンの作成、配信、分析方法の簡素化に重点を置いているのに対し、Commerce GPT はパーソナライズされたショッピング体験の作成に重点を置いている。

このサービスでは、Data CloudとEinstein GPT を使用することで、ユーザはデジタルストアの動的な商品説明を素早く作成できるだけでなく、その説明を異なるターゲットオーディエンス向けに異なる言語に翻訳することが可能だ。

これは、Commerce GPT に搭載されるコンテンツ生成機能の第一弾となるものである。

Salesforceの動的な商品説明

さらに、企業がコミュニケーションチャネルに組み込むことで、1対1の自然言語による対話を通じて商品発掘を促進するボットベースのソリューション「Commerce Concierge」や、望ましい目標に対して実用的なインサイトとプロアクティブな提案を提供するゴールベースのコマースツールも体験することができる。

Commerce CloudのSVP兼ジェネラルマネージャーのMichael Affronti 氏は、記者会見で次のように述べた。

ユーザは、自分が欲しいものを入力するだけで、その意図を理解し、店頭デザイン、商品化セット、さらにはプロモーションといったものを推奨されます。

GPT のイノベーションがさらに進む

Salesforceは ここ数カ月で重要なジェネレーティブ AI の発表を行ったが、同社はまだ始まったばかりだと言っているかのようだ。記者会見で Hammond 氏と Affronti 氏は、Salesforce は今や「AIカンパニー」だと言い、他の Customer 360 製品、おそらく Sales and Service Cloud については、今月末にも GPT のニュースを紹介する予定だと指摘した。

5月31日に行われた Salesforce の四半期決算説明会で、CEO の Marc Benioff 氏は、来るべきジェネレーティブ AI の波は、私たちが生きている間、あるいはもしかしたらどのような技術革新よりも革命的なものになるだろうと指摘した。

大いなるインターネットの扉を開いた Netscape Navigator のように、ジェネレーティブ AI によって新たな扉が開かれ、私たちが想像もしなかったような方法で私たちの世界を再構築しています。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録