日本のアニメや漫画を世界に届けるTokyo Otaku Mode、小学館が買収

SHARE:
Image credit: Tokyo Otaku Mode

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

Tokyo Otaku Mode が21日、大手出版社の小学館に完全買収されたことが明らかになった。買収条件などは明らかになっていない。同社は2018年1月に実施したニッセイ・キャピタルから実施した調達を最後に、VC などからの資金調達を実施していない。これまでに、明らかになっているシリーズ A ラウンドやシリーズ B ラウンドの調達額を合計すると、合計18億円以上を調達したことがわかる。バフェット・コードが2022年8月時点で掲載している予想評価額は約30億円

同社は、メリルリンチ投資銀行部出身で、ガイアックスの CFO を務めた小高奈皇光氏らにより、2011年3月に創業。その後、世界展開を念頭に、アメリカ法人を2012年4月に設立した。日本のアニメや漫画の最新情報が英語で配信し、Facebook ページを中心とした同社のフォロワーは2,000万人に達している。今回の買収後も、小高氏は代表取締役社長を、安宅基氏は取締役副社長を続投する。取締役会長には、小学館代表取締役社長の相賀信宏氏が就任し、取締役や監査役は小学館から派遣される。

Tokyo Otaku Mode は、日本のアニメや漫画を世界に届けるメディアとしての機能から事業を開始し、現在では、キャラクターグッズの商品化、e コマースを展開するほか、e コマースやクラウドファンディングで手に入れられる商品を、世界中へ配送できるロジスティクスアウトソーシングサービス「セカイロジ」を提供している。2014年9月には、日本の官民ファンドであるクールジャパン機構から出資を受けた第1号案件となった。小学館はこの買収を通じて、自社 IP の海外展開を強化すると見られる。

<Tokyo Otaku Mode のこれまでの軌跡>

via 小学館

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録