THE BRIDGE

タグ China Mobile

China Mobile(中国移動)とChina Unionpay(中国銀聯)がモバイル決済ソリューションをローンチ、中国の8つの銀行も参加

SHARE:

China UnionPay(中国銀聯)とChina Mobile(中国移動)は5月、両社共同の取り組みとしてモバイル決済プラットフォームをローンチした。中国銀行、中信銀行、中国光大銀行、中国民生銀行、広発銀行、上海浦東発展銀行、上海銀行、および北京銀行が商業銀行として、同プラットフォームに最初に参画する(中文記事)。 この新しい決済ソリューションの利用には、NFC(近距離無線通信)が可能な携帯電…

china mobileChina UnionPay(中国銀聯)とChina Mobile(中国移動)は5月、両社共同の取り組みとしてモバイル決済プラットフォームをローンチした。中国銀行、中信銀行、中国光大銀行、中国民生銀行、広発銀行、上海浦東発展銀行、上海銀行、および北京銀行が商業銀行として、同プラットフォームに最初に参画する(中文記事)。

この新しい決済ソリューションの利用には、NFC(近距離無線通信)が可能な携帯電話(現在は、HTCのOneと、SamsungのGalaxy S3とS4、Huawei(華為)とZTE(中興)社のいくつかのモデルに搭載されているのみ)とカスタマイズされたSIMカードが必要となる。China Mobileの利用者なら、既存のSIMカードを新しいものに無料で交換することが可能だ。

ユーザはまず、同サービスの利用申請を行い、認証されれば申請書が携帯にダウンロードされ、ユーザの銀行口座とリンクされる。

このモバイル決済システムを利用すれば、SIMカードが銀行口座の役割を果たし、モバイル通信ネットワークを通じて、クレジットカードの返済や便利な公共料金の支払い、オンラインショッピングの決済など、遠隔決済を行うことができる。

さらに、ユーザはコンビニや自動販売機、UnionPayの「Quick Pass(網付)」の表示がある場所で迅速な支払いをすることもできる。また、パスワードの入力やサインをする必要もない。地下鉄の駅や、高速鉄道の駅、高速道路の料金所、そして駐車場など、さまざまな場所で利用ができるようになる。

現在は、スターバックスやハーゲンダッツ、マニングス(万寧)、中信書店などの小売店が同ソリューションをサポートしている。そして、近い将来には、バスの乗車料金も交通カードではなく携帯電話をかざして支払をすることができるだろう。

image credit: sinaimg.cn(新浪図片)

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

China Mobile(中国移動)、グローバル市場をターゲットにした新たなアプリ「Jego」でSkypeとWeChatに対抗

SHARE:

世界最大のユーザベースを誇る中国の通信企業China Mobile(中国移動、NYSE:CHL; HKG:0941)がグローバルユーザ向けに独自のメッセージアプリをローンチしたのは、世界規模で成功をしているWeChatとSkypeに刺激されたからだろう。同社のJegoと呼ばれるアプリには、iPhone版とAndroid版があるが、デスクトップ版のアプリはない。 世界中のどこででも電話番号でサインア…

China-Mobile-launches-Jego-app-01

世界最大のユーザベースを誇る中国の通信企業China Mobile(中国移動、NYSE:CHL; HKG:0941)がグローバルユーザ向けに独自のメッセージアプリをローンチしたのは、世界規模で成功をしているWeChatとSkypeに刺激されたからだろう。同社のJegoと呼ばれるアプリには、iPhone版とAndroid版があるが、デスクトップ版のアプリはない。

世界中のどこででも電話番号でサインアップできるようだが、この新しいアプリJegoは実際には新しいタイプのソーシャルメッセージアプリというよりもSkypeのようなサービスだ。というのは、国際電話の通話プランがあるからだ。

例えば、Jegoのユーザは月額12ドルのクレジットを購入すれば香港に通話無制限のプランにサインアップできる。現在は世界20か国を対象にしたモバイルと固定電話向けの通話料金(料金表はこちら)もあり、例えば、シンガポールの固定電話とモバイルの通話料金は1分0.02ドルとなっている。この通話料金はほとんどの電話会社(China Mobileも含む)が国際電話に請求する料金よりも遥かに安く、料金の手頃さにおいてはSkypeの有料機能にも匹敵するものだ。

China-Mobile-launches-Jego-app-02

通話の必要がないユーザは、Jegoでオンラインのメッセージサービスが無料で利用でき、連絡先をスキャンして同サービスを利用している友達も見つけることができる。現在はMicrosoft(NASDAQ:MSFT)の傘下に入っているSkypeには、5億人を超えるユーザがいる(前所有者が最後に発表した時点)が、どのくらいのユーザがプレミアム通話に利用料を払っているのかは定かではない。

世界のモバイル通信企業は、WhatsappやWeChat、Line、ViberやNimbuzzなどのソーシャルメッセージアプリの脅威に何年もされされてきた。そしてビデオ通話などの新しい機能がそれらのアプリに加わるにつれ、その脅威は高まっている。

WeChatには1億9500万人のアクティブユーザ(全体のユーザは4億人近く)がいる一方で、ラインは先週の時点で1億6000万人の登録ユーザがいる。China Mobileによる密かなJegoのローンチはそういった脅威を追い払うことにはならないだろうが、少なくとも、国際電話の利用者を幾分かは取り戻すための競争に加わることができ、その結果、ひょっとしたら取り戻した顧客を有料利用者に変えることができるのかもしれない。

(このニュースを見つけてくれたTheNextWebに感謝します)

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

China Mobile(中国移動)と地方銀行が、SIMカードベースのNFC決済ソリューションを開始

SHARE:

中国3大通信会社の1つであるChina Mobile(中国移動)とShanghai Pudong Development Bank(上海浦東発展銀行、PDB)は、共同でSIMカードベースのNFC決済ソリューションを開始した。 China Mobileのユーザなら誰でも無料で、現在使用中のSIMカードをNFC決済に対応したSIMカードに交換することができる。このカードは今のところ上海、広州、長沙の3…

NFC-Quickpay中国3大通信会社の1つであるChina Mobile(中国移動)とShanghai Pudong Development Bank(上海浦東発展銀行、PDB)は、共同でSIMカードベースのNFC決済ソリューションを開始した。

China Mobileのユーザなら誰でも無料で、現在使用中のSIMカードをNFC決済に対応したSIMカードに交換することができる。このカードは今のところ上海、広州、長沙の3都市で入手できる。PDBは8月からは28の省の支店でユーザ向けに、新しいSIMカードに交換するサポート業務を行う。

このSIMカード搭載のスマートフォンを持っていれば、China UnionPay(中国銀聯)が提供しているQuickPass対応POS端末があるコンビニや自動販売機の前でかざせば支払いができる。QuickPass POSは中国の銀行カード協会によって提供されており、レポートによれば、このような端末は中国に120万台あるそうだ。

その他のサービスとして、携帯による支払い請求や銀行口座の確認ができる。またPDBの代表によれば、このサービスは年末までにバス、地下鉄、タクシーでも使えるようになるという。このSIMカードはChina Merchants Bank(招商銀行)、China CITIC Bank(中信銀行)、China Everbright Bank(中国光大銀行)の3行にも対応しており、20以上の銀行カード情報の詳細を保存することができる。

PDBは2011年に最初のモバイル決済サービスの提供を開始し、現在90万人のユーザがこのサービスを利用してモバイル決済を行っている。China Mobileとの提携によりPDBのユーザが急増するのは間違いないだろう。またChina Mobileが自社開発したモバイル決済技術を捨てて2012年後半にChina UnionPayやその他が採用している技術に切り替えていなかったらこの提携は不可能だったろう。

しかし、NFC対応の携帯電話機種が限られているという問題は依然として残っている。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

China Mobile(中国移動)がインターネット分野のスタートアップを設立する

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 China Mobile(中国移動)のCEOのLi Yue(李躍)氏は、最近とあるカンファレンスで興味深い話をしている。 先日、China Mobileが携帯電話の自社生産を予定していることを発表し、さらにYue氏は同社が子会社としてインターネット会社を設立する予定だと述べた。 China Mobileは金融や国際ビジネスなどの専門分野に特化した数多くの子会…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

China Mobile(中国移動)のCEOのLi Yue(李躍)氏は、最近とあるカンファレンスで興味深い話をしている。 先日、China Mobileが携帯電話の自社生産を予定していることを発表し、さらにYue氏は同社が子会社としてインターネット会社を設立する予定だと述べた。

China Mobileは金融や国際ビジネスなどの専門分野に特化した数多くの子会社を抱える巨大企業であるが、このインターネット子会社は少々趣が違うようだ。

Li Yue氏によれば、この会社は「スタートアップのように設立し、イノベーションを生み出す」ことになり、同社を新しい方向へ推進することになる。Li Yue氏の語り口からはこの件が何かドラマチックなものである印象を受けるが、この会社が実際のところインターネット以上に何をするのかは明確にされていない。インターネットに関わる何かを行うのは確実だ。

繰り返しになるが、China Mobileがモバイルハードウェアとウェブ業界へ参入し、新しい方向へ手を広げることを模索していることは注目に値する。同社がこれらの分野にいる現代的で小規模な企業やスタートアップに対応できるのかどうか目にするのは興味深いことになる。言うまでもなく、スタートアップ会社は通信サービス業界では危険分子とはいえない。

しかし、China Mobileはすべてのスタートアップが欲しがる以上に新規事業を徹底的に支援する資金を持っていることは確かであり、私は同社を無視したりはしない。China Mobileは革新性でその名を知られる会社ではないが、3Gでかなり手厳しい惨敗を期した後、同社が再びやる気を起こしていることは明らかだ。これらの新しいプロジェクトは、同社が4Gネットワークがさらなる成功を収めることを(おそらく成功するであろうが)期待しながら静観することに満足してはいないことを示している。

[via Sina Tech(新浪科技)]

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

China Mobile(中国移動)は今年後半に子会社を設立、その姿を変える

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 前CEOのWang Jianzhou(王建宙)氏の時代、China MobileはWang氏のポリシー「ひとつのChina Mobile」に基づいて組織化された。この巨大電話会社は、単純に場所、省と主要都市で子会社に編成されていた。例えば、北京でのChina Mobileの事業すべてはChina Mobileの子会社Beijing Telecom(中国電信北…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

前CEOのWang Jianzhou(王建宙)氏の時代、China MobileはWang氏のポリシー「ひとつのChina Mobile」に基づいて組織化された。この巨大電話会社は、単純に場所、省と主要都市で子会社に編成されていた。例えば、北京でのChina Mobileの事業すべてはChina Mobileの子会社Beijing Telecom(中国電信北京分公司)によって運営されていた。

ところがChina Mobileは新CEOにXi Guohua(奚国華)氏を任命、同氏はこの会社を逆方向へ導こうとしている。China Business Newsの記事によると、Xi氏の戦略キーワードは「職業的専門家」というもの。同CEOはChina Mobileの現在の場所ベースの編成から、特定のミッションに基づいて子会社へと再編する新しいアプローチへの移行に忙しいという。

これはWang氏の「ひとつのChina Mobile」ポリシーの正反対を意味する。なぜならXi氏は、これら専門性の高いグループをそれぞれ自立させ、組織のその他のグループ間との干渉ややり取りをなくし、特定のミッション遂行に集中させることを意図しているからだ。

さらにXi氏は今年の後半、子会社となるインターネット会社、そしてモバイルクライアントおよびChina Mobileの国際ビジネスそれぞれに焦点を合わせた子会社を設立する予定である。そのインターネット会社をどう使う計画なのか、China MobileにおけるISPの事業を担当するのか、それとも他の何か全く別の物になるのかは明らかではない。

だが、会社には独自の取締役が任命され、そして従業員は中国内の現地子会社から離れて新会社へ配属されることになる。Xi氏は、Tianyi(天翼)動画サービスのような子会社で成功したChina Telecom(中国電信)の後を追うことを望んでいるのかもしれない。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

パキスタンのChina Mobileユーザは1,560万人、同国の携帯キャリア最大手の一つに

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 私たちは中央アジアについてはあまりカバーしていないため、正直に言うと、China Mobileがパキスタンで業務を行なっていることを知らなかった。同社は「Zong」という子会社ブランドのもと、最近驚異的に成長しているらしい。2011年後半9ヶ月の間に、加入者は860万人を超え、パキスタンの携帯キャリア最大手の仲間入りをしている。現在、毎月60万人以上のペース…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

私たちは中央アジアについてはあまりカバーしていないため、正直に言うと、China Mobileがパキスタンで業務を行なっていることを知らなかった。同社は「Zong」という子会社ブランドのもと、最近驚異的に成長しているらしい。2011年後半9ヶ月の間に、加入者は860万人を超え、パキスタンの携帯キャリア最大手の仲間入りをしている。現在、毎月60万人以上のペースで登録者を増やしているという。

China Mobileの顧客が増えているのにはいくつかの理由がある。1つは、複数のSIMカードを装着できる携帯電話が普及していることだ。パキスタンの携帯利用者の多くは複数の通信会社を利用している。China Mobileはまた、大規模なキャンペーンを行い、特別なサービスを提供するなどしてサービスを向上させている。さらに、農村地区にも新たなオフィスやサービスセンターを数多く開設している。

China MobileのZongは、Mobilink、Telenor、Ufoneなどの現地リーダーに比べるとまだ遅れを取っているものの、徐々に追いつきつつあるようだ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

China Mobileが、香港で4G LTEサービスを開始

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 China Mobile(中国移動通信) は、携帯電話向け4Gデータサービスを、来週(原文掲載4月20日)香港特別行政区において開始すると発表した。 100MBpsの次世代LTEサービスが4月25日からスタートする予定で、その端末にはまだ名前がないものの、新しい4Gのスマートフォンのキャンペーンが同時期に見込まれている。 China Mobileは、利用者数…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

China Mobile(中国移動通信) は、携帯電話向け4Gデータサービスを、来週(原文掲載4月20日)香港特別行政区において開始すると発表した。

100MBpsの次世代LTEサービスが4月25日からスタートする予定で、その端末にはまだ名前がないものの、新しい4Gのスマートフォンのキャンペーンが同時期に見込まれている。

China Mobileは、利用者数においては世界一の携帯電話会社で、中国本土ではトップ企業だが香港特別行政区においては比較的新参者であり、他の4キャリアの後に続いている。4キャリアとは、契約者数で上から、Hutchinsonの3、TelstraのCSL、PCCW、SmarTone-Vodafone だ。もし香港の人々が高い4Gの毎月データ料金の必要性を感じていて、手に入る端末が十分に魅力的であれば、4Gへの緩やかな移行は競合から顧客を奪うチャンスだ。

China Mobile香港支社からのプレスリリースによれば、LTEを全面展開するには時間がかかるとのことだ。

2012年末までに、China Mobile Hong Kongは4G LTEの対象地域を現在のネットワークと同等レベルまで拡大する計画であり、これにより屋内は最大80%がサービスエリア内となる。

China Mobile Hong Kongのディレクター兼CEOのSean Leeは続けて次のようにコメントした。

「我々は、4G LTE技術の開発に関して非常に楽観的だ。4G LTEへ目を向ける人々はどんどん増えている。携帯端末メーカーによれば、2012年には最大20種類の4Gのスマートフォンやタブレット端末が投入されるとのことで、これが4Gが3Gよりも早く普及すると考えている主な理由の一つだ」。

彼はまたBloombergに対し、「今年、合計10種類の4G携帯を新たにお客様の手元にお届けする」と語ったが、その端末のブランド名については言及せず、また iOS版なのかアンドロイド版なのか、Windows Phoneなのかも特定しなかった。

来週の発売に加えてChina Mobileは、3Gと4Gの両方の顧客に対して中国本土へ旅する際のデータローミングサービスを開始すると発表した。それには追加料金が月々発生する。本土へ頻繁に出向くビジネスマンをターゲットにしているようだ。

ちょうど先日リポートを見て分かったのだが、アジアの携帯電話キャリアで4Gサービスを全域展開しているのは、10社のみだ。今回、11社目がカウントされることになる。また今年、PCCWが、その後を追ってサービス開始の見込みだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

中国で人気のテキストメッセージングにChina Mobile(中国移動)がFeiliao(飛聊)で参戦

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Kikライクなサービスの市場は更なる競争激化を迎えそうだ。というのも、利用者・利益において世界最大のキャリアであるChina Mobile(中国移動)が、Weibo(微博)上で彼らバージョンのテキストメッセージングサービスである「Feiliao」(飛聊、中国語で飛行チャットの意)をリリースすると発表したからだ。 そのweiboの投稿によれば、Feiliaoは…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Kikライクなサービスの市場は更なる競争激化を迎えそうだ。というのも、利用者・利益において世界最大のキャリアであるChina Mobile(中国移動)が、Weibo(微博)上で彼らバージョンのテキストメッセージングサービスである「Feiliao」(飛聊、中国語で飛行チャットの意)をリリースすると発表したからだ。

そのweiboの投稿によれば、Feiliaoは最も利幅の大きいキャリアショートメッセージングであるFetion(飛信、中国移動の携帯電話とPC間でショートメッセージのやりとりができるPCソフトウェア)ベースであり、iOS、Android及びSymbian向けベータ版でサポートする予定とのこと。

他のKikライクなサービスと同様、Feiliao上で送信されるテキストメッセージはキャリア、携帯電話及び携帯電話OSによらず全て無料の予定である。

これは興味深いことだ。Kikが開始から15日間で100万ユーザーを獲得した後、Ted Livingston氏はKikは最終的には「SMSを用済み」にするだろうと語った。その後、Kikの類似サービス、Weixin(微信)(Tencent、騰訊の運営)MiLiao(米聊)(Xiaomi Tech、小米の運営)、Youni(有你)(Shanda、盛大の運営)そして最近サービスが開始されたKouxin(口信)(Qihoo 360、奇虎による運営。口信は中国語で口頭メッセージの意味)などがつぎつぎとサービス開始した。

収入源であるSMSの収益を減らし始めているため、携帯各社がそれらKikライクなアプリにどう反応するか関心が集まっている。中国ではSMSサービスに人気があり、2010年には8,250億ものテキストメッセージが送られたという。

しかしながら、中国の携帯会社はKikライクなサービスにうまく適応しようとしている。数週間前、China Unicom(中国聯通)は無料のテキストメッセージサービスWo You(沃友)を立ち上げた。それに続き、China Mobileは今回Feiliaoを開始した。

いまのところ、China MobileがFeiliaoにどれほどの労力をつぎ込むのかや、収益性の高いSMSビジネスを脅かすほどに人気を得る可能性のあるサービスであるFeiliaoにどれほど本気に取り組むつもりかはわからない。彼らは自身のSMSサービスを自ら殺してしまうのだろうか?China Mobileや他の携帯会社にはあり得ないことだと思うが。

【via Technode】(@technodechina)

----------[AD]----------