THE BRIDGE

タグ FoodPanda

eスクーターシェアリングのTelepod、フードデリバリのFoodpandaやコンビニのBuzzと提携——シンガポールでバッテリーネットワークを整備

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 シンガポールのスクーターシェアリング市場には複数の事業者がひしめいており、かつてみられた自転車シェアリングのブームと同様に競争が激化している。 地元発のスタートアップ Telepod…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


シンガポールのスクーターシェアリング市場には複数の事業者がひしめいており、かつてみられた自転車シェアリングのブームと同様に競争が激化している。

地元発のスタートアップ Telepod は、e スクーターのバッテリー技術とフードデリバリのドライバーに特化した新たな取り組みで他社と差別化したいと考えている。

新サービス「Televery」の一環として、同社はフードデリバリプラットフォームの Foodpanda、コンビニチェーンの Buzz と提携し、e スクーター向けに予備のバッテリを提供しようとしている。

オンデマンドのフードデリバリー業界に狙いを定めた Televery では、Telepod の e スクーターを特別料金で使用するのに、45シンガポールドル(約3,700円)のウィークリーパスか、150シンガポールドル(約12,300円)のマンスリーパスを購入することができる。提携の一環として、 Foodpanda のドライバーは期間限定で20%の割引を受けられる。

Foodpanda が e スクーターのシェアリングスタートアップと提携するのは、これが初めてではない。先月には Telepod の競合である Beam と提携し、ドライバーは約20台ある Beam のスクーターに特別にアクセスできるようになった。

しかしながら、このスクーターは定められた1つの場所で保管・充電をしなくてはならなかった。Telepod サービスの場合、フードデリバリーのドライバーは Buzz 店舗にあるキオスクのほか、バス停など公共の場所で、残り少なくなったスクーター用バッテリを交換することができる。

Telepod によると、e スクーターを走行させるとバッテリは2~3時間しかもたないケースが大半だという。しかし配送ドライバーは1日最大8時間走行したいと考えている。Televery を使えば、料金3Sドル(2.21米ドル)で電池切れのバッテリを充電済のものに交換できる。Telepod によると、特許申請中の「クイック交換」機能を使うことで迅速・簡単にバッテリの交換ができるという。

シンガポール陸上交通庁(LTA)には14社が e スクーターシェアリングの事業免許を申請したことが知られているが、Telepod はそのうちの1社である。他の申請事業者は Beam のほか、同じく地元発スタートアップの Neuron Mobility、配車サービス大手の Grab、アメリカのe スクーターユニコーンで、最近アジア太平洋本社にシンガポールを選定した Lime などである。

自転車シェアリングでは社会・環境面で好ましくない影響があったことから、違法駐車や車両の不正利用に関しては、e スクーターに対して厳しい姿勢で臨むことになるとLTAは示唆していた。

Beam、Neuron、Telepod をめぐっては昨年11月、3社が保有する42台の e スクーターが LTA により回収・没収されたことがある。問題とされた e スクーターは、指定された試験エリアから外れた公共スペースで利用できる状態になっており、シンガポールの道路交通法に違反していた。Neuron とTelepod は後日、e スクーターで違法な取り扱いをしたとして罰金を科された

Telepod は最近、マレーシアのジョホールバルで初となる国外進出を果たした。オーストラリア、日本、韓国への業容拡大も視野に入れている。Telepod の投資家には、シンガポール公共交通運営事業者 SMRT のベンチャー・インキュベーション部門 MomentUM がいる。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

Rocket Internet、東南アジアで展開するフードデリバリー「Foodpanda」の事業を競合のDelivery Heroに売却

SHARE:

ドイツで多数のスタートアップを支援している巨大インターネット企業 Rocket Internet は本日(12月10日)、Foodpanda の全グローバル事業を競合の Delivery Hero に売却すると発表した。 Delivery Hero は、Rocket Internet が Foodpanda で展開していたのと同じような食品配送サービスを提供している。2011年5月にスウェーデンで…

foodpanda-rocket-internets-online-food-delivery-service-debuts-in-southeast-asia

ドイツで多数のスタートアップを支援している巨大インターネット企業 Rocket Internet は本日(12月10日)、Foodpanda の全グローバル事業を競合の Delivery Hero に売却すると発表した。

Delivery Hero は、Rocket Internet が Foodpanda で展開していたのと同じような食品配送サービスを提供している。2011年5月にスウェーデンで設立され、クウェート、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、オマーン、カタールなど33ヶ国で利用できる。

Rocket Internet は今回の事業売却で Delivery Hero の株式を取得し、その持分は37.7%に上昇する。ドイツのユニコーン企業である Rocket Internet は2015年2月、5億8,600万米ドルをかけて Delivery Hero の株式30%を取得していたが、それは、アジア7ヶ国で競合のスタートアップを買収するという統合戦略の一環だった。

Foodpanda は22ヶ国で展開しており、アジアに強力な基盤を持っている。サービスを利用できるのはインド、タイ、パキスタン、シンガポール、マレーシア、台湾、バングラデシュ、香港、フィリピン、ブルネイ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、エジプトだ。最近になりインドネシアの事業は閉鎖した

Foodpanda は創業以来、総額で3億1,800万米ドルの資金調達を受けた。最近は Goldman Sachs からの1億米ドルだが、それはシリーズ F ラウンドだと目されている。これとは対照的に、Delivery Hero は11回のラウンドで13億3,000万米ドルもの資金を調達している。

本日(12月10日)発表された同社声明によると、「この案件により、Rocket Internet のグループレベルでみられた複雑な構造が解消される」という。

Foodpanda の CEO である Ralf Wenzel 氏は次のように述べた。

Delivery Hero のチームに参加し、共に成長してビジョンを共有できるグローバルプラットフォームの一部になれることを嬉しく思います。

本案件は年末までに完了する見込みである。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

Rocket Internetが展開する東南アジアのフードデリバリー「Foodpanda」が、インドネシアでサービスをシャットダウン

SHARE:

Rocket Internet が支援するフードデリバリースタートアップの Foodpanda は、インドネシアでのサービス運用を停止すると正式に発表した。8月に同社が売りに出されていることを初めて発表してから、3ヶ月も経過していない。 Foodpanda Indonesia のマネージングディレクター Victor Delannoy 氏の書いたレターによれば、同社は現地時間の10月3日の午後10…

foodpanda-logo

Rocket Internet が支援するフードデリバリースタートアップの Foodpanda は、インドネシアでのサービス運用を停止すると正式に発表した。8月に同社が売りに出されていることを初めて発表してから、3ヶ月も経過していない。

Foodpanda Indonesia のマネージングディレクター Victor Delannoy 氏の書いたレターによれば、同社は現地時間の10月3日の午後10時をもって、最後の注文受付を終了した。

この告知をもって、Foodpanda が永久的にインドネシアでのすべてのフード注文受付の停止を終了する決定をしたことを、正式に発表する。

Delannoy 氏は、同社がインドネシアでウェブサイトやモバイルアプリを閉じ、すべての提携レストランとの協力関係を解消し、すべてのマーケティングパートナーとの合意を終了するとしている。

インドネシアに先立ち、Foodpanda は既に昨年、ベトナムでのサービスを終了している。同社は、中東や東欧市場でのサービスにより特化する計画があるとしていた・

DailySocial の調査によれば、Go-Jek のフードデリバリーサービス「Go-Food」は、インドネシアで最も人気のあるフードデリバリーアプリとして、その ポジションを Foodpanda から奪取するのに成功している。

Foodpanda の近距離に限定されたデリバリーサービスは、他サービスとの競争を難しくする弱点とされた。その戦略はユーザの選択肢を狭め、Go-Jek との競争を激しくし、次第に顧客が離れていったと考えられる。

Foodpanda はインドネシアで2012年にローンチした。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

Rocket Internetの「Foodpanda」、買収ブームのなか競合スタートアップ6社を買収

SHARE:

オンライン食品配送サービス企業の Foodpanda は、巨大な買収が繰り広げられる中、7ヶ国で競合ライバル6社を取得したと2月6日に発表した。Rocket Internet が新しい子会社 Global Online Takeaway Group のローンチを発表したわずか1時間後のことだった。 Foodpanda が最近の資金調達で得た6,000万米ドルの使途はこれに違いない。 「これらの買収…

foodpanda-rocket-internets-online-food-delivery-service-debuts-in-southeast-asia
オンライン食品配送サービス企業の Foodpanda は、巨大な買収が繰り広げられる中、7ヶ国で競合ライバル6社を取得したと2月6日に発表した。Rocket Internet が新しい子会社 Global Online Takeaway Group のローンチを発表したわずか1時間後のことだった。

Foodpanda が最近の資金調達で得た6,000万米ドルの使途はこれに違いない。

「これらの買収によって、Foodpanda は東南アジアにおけるマーケットリーダーになりました」と Foodpanda の共同設立者で CEO の Ralf Wenzel 氏は本日午後の発表で述べた。

この買収に関して金額の詳細は明らかにされていない。今回買収した6社の情報は以下の通り。

  • インドの Just Eat – この案件は、イギリスを拠点とする Just Eat のインド部門のみが対象となっている。Foodpanda が最近 TastyKhana を買収したことで、今やインドの200都市、レストラン1万2000店をカバーしているという。 これによりRocket 社はインドで堅固な足場を築くことができる。
  • パキスタンの EatOye – このスタートアップは昨年設立されたばかりで、15都市で1,000のパートナーレストランをカバーしている。
  • マレーシアとシンガポールの Food Runner – この会社はシンガポールを拠点とする DealGuru という食品配送子会社。この買収には姉妹サイトの Room Service も含まれる。
  • フィリピンの City Delivery – この会社もまた DealGuru からのスピンオフのため、厳密に言うと上記2サイトの買収と同じである。
  • 香港の Koziness – Foodpanda の香港案件が意味するのは、同社が運営するのは Koziness だけでなく関連サイトである Dial-a-Dinner、SOHO Delivery、Ring-a-Dinner もあるということだ。
  • タイの Food By Phone – この会社は1998年に電話で注文を受けるスタイルでスタートしたが、後にウェブサイトも開設した。タイの3大都市で650のレストランをカバーしている。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

WeChat(微信)が東南アジアでフードデリバリーサービスFoodpandaのサポートを開始

SHARE:

オンラインフードデリバリーを提供するFoodpandaは東南アジア各国でWeChat(微信)との提携を開始する。このタイアップによりWeChatユーザはFoodpandaを通じて付近のレストランを探したり、限定特典を受け取ったり、料理を注文したりすることが可能になる。この提携は香港、タイ、シンガポール、マレーシア、台湾、フィリピン、およびインドで現在進行中だ。 Foodpandaを備えたWeCha…

Foodpanda-pic
オンラインフードデリバリーを提供するFoodpandaは東南アジア各国でWeChat(微信)との提携を開始する。このタイアップによりWeChatユーザはFoodpandaを通じて付近のレストランを探したり、限定特典を受け取ったり、料理を注文したりすることが可能になる。この提携は香港、タイ、シンガポール、マレーシア、台湾、フィリピン、およびインドで現在進行中だ。

Foodpandaを備えたWeChatでは、ユーザはFoodpandaのウェブサイトやアプリに似た注文処理が可能となる。地域を入力すると、ユーザはすぐに様々なレストランやその地域に配達される料理にアクセスでき、多くの料理や都市から選べるようになっている。アプリとのコラボにより代引き配送や統合されたオンライン決済オプションを利用することも可能だ。Foodpandaのアプリを自身のWeChatアカウントで直接ダウンロードできる。

このサービスを広めるため、同社によるとFoodpandaはWeChatユーザ限定で週替わりセールを行い、またサービスアカウントに「WeChat」とテキスト送信すると15%割引を提供するという。

WeChatのようなグローバルな展開を目指すソーシャルメッセージングアプリが台頭する中、6億人の人口、増加する中間層、および激増するスマートフォン販売に沸く東南アジアは重要な市場となった。昨年8月までにWeChatは1億人の海外ユーザを獲得している。

ドイツ拠点のRocket Internetに支援されるFoodpandaはHellofoodおよびDeliver Clubという系列ブランドを持ち、2012年の創業より1億米ドル以上を調達した。Rocket Internetが運営するオンラインファッションストアのZaloraもWeChatを使ったサービスを提供している。

【via Technode】 @technodechina
【原文】

----------[AD]----------

インドネシアのオンライン食事宅配サービス「Klik Eat」に日本企業が出資

SHARE:

【原文】 Klik Eatは夢の街創造委員会株式会社から出資を受けたと先日発表した。夢の街創造委員会株式会社は、日本国内で1万1200以上のレストランを展開するオンライン食事宅配サービスdemae-can.comを運営するJASDAQ上場の日本企業だ。 この投資の結果、夢の街創造委員会株式会社代表の中村利江氏と財務経理部長金子正輝氏がKlik Eatの経営陣に加わった。設立者のMichael Sa…

【原文】

klik-eat-590

Klik Eatは夢の街創造委員会株式会社から出資を受けたと先日発表した。夢の街創造委員会株式会社は、日本国内で1万1200以上のレストランを展開するオンライン食事宅配サービスdemae-can.comを運営するJASDAQ上場の日本企業だ。

この投資の結果、夢の街創造委員会株式会社代表の中村利江氏と財務経理部長金子正輝氏がKlik Eatの経営陣に加わった。設立者のMichael Saputra氏、Andrew Pangestan氏、Willy Haryanto氏は引き続きサイトの管理を担当する。

2012年1月にローンチしたKlik Eatでは、ユーザは食事を、オンライン、電話、またはインスタントメッセージサービスを利用して注文することができる。これまで同社は1年間に18億インドネシアルピア(18万5000米ドル)を175の提携するレストランに送金してきた。

Klik Eatのライバル会社のひとつFoodPandaは、十分な資金を持ったRocket Internetによって運営され、アジア9ヶ国で提供されている食事宅配サービスだ。Room Service Deliveriesも大手企業で、インドネシア、マレーシア、シンガポールで展開しており、最近サービス強化のためDealguruと合併した

日本の企業は2012年東南アジアに積極的に投資しており、今年もこの傾向は続きそうだ。GREE VenturesGMO Venture PartnersCyberAgent VenturesGlobal Brainは東南アジア地域に進出してきた日本企業である。

【via SGE.io】 @SGEio

----------[AD]----------

レストランのメニューをオンラインで注文できる出前サービス「FoodPanda」

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 LazadaとZaloraが数カ国で立ち上がったばかりだが、Rocket Internetはまだまだ満足していない。さらにFoodPandaがサービスリストに加えられる。オンラインで出前が頼める。郵便番号を入力すると近くの提携レストランを教えてくれ、その中からレストランを選びメニューから食べたいものを注文する。商品が届いた時に現金で支払う。 面白いサービスだ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

LazadaとZaloraが数カ国で立ち上がったばかりだが、Rocket Internetはまだまだ満足していない。さらにFoodPandaがサービスリストに加えられる。オンラインで出前が頼める。郵便番号を入力すると近くの提携レストランを教えてくれ、その中からレストランを選びメニューから食べたいものを注文する。商品が届いた時に現金で支払う。

面白いサービスだ。東南アジアでこのようなサービスを始めるスタートアップはそれほど多くはない。FoodPandaはインドネシア、フィリピン、タイ、マレーシアへの進出を考えているが、兄弟サービスであるZaloraと同じく本社はシンガポールにある。

SGEntrepreneursによると、 FoodPandaはシンガポールのHungryDeliveryやEatit.sg、タイのChefXPやFoodbyPhoneと真っ向から競争していかなければならない。Googleで各地のオンライン出前サービスを検索すると、インドネシアのKlik-Eat、フィリピンのDelivery.ph、マレーシアのRoomServiceDeliveryなどが見つかった。

FoodPanda Indonesiaは、ジャカルタにNobuzen、4 Fingers、Trattoria Il Sale、Bebek Goreng Surabayaなど提携レストランが81店ある。これが良いチャンスとなり、インドネシアで収益を伸ばすだろう。電話での出前注文のサービスはお粗末で、コールセンターの対応にうんざりしている人は多い。オンラインで注文すれば、早くまたもめごともなくスムーズになる。そのうちモバイルアプリで注文できるようになるともっと良い。

このようなサービスを始めようとするスタートアップは現れていない。提携レストランを集め、サービスをうまく提供していくには多くの資本が必要だと考えるからだ。FoodPanda は Rocket Internetのスタートアップの1つなので元手があるのは明らかだ。早くにより多くのレストランと提携できれば、利用してみようと思うユーザーも増えてくるだろう。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------