BRIDGE

タグ Rocket Internet

Rocket Internetが東南アジアのマーケットプレイスLamidoとLazadaの合併を認める

SHARE:

本日(原文掲載日:3月11日)朝早く、Rocket Internetが複数の東南アジア各国で展開している個人消費者間(C2C)マーケットプレイスLamidoのサービスをまもなく終了するというニュースが飛び込んできた(編集部注:原文掲載3月11日)。このニュースの出所は明らかにされなかったが、Tech in AsiaはLazadaグループのCEOであるMaximilian Bittner氏とコンタク…

lamido-cover
本日(原文掲載日:3月11日)朝早く、Rocket Internetが複数の東南アジア各国で展開している個人消費者間(C2C)マーケットプレイスLamidoのサービスをまもなく終了するというニュースが飛び込んできた(編集部注:原文掲載3月11日)。このニュースの出所は明らかにされなかったが、Tech in AsiaはLazadaグループのCEOであるMaximilian Bittner氏とコンタクトを取り、LamidoはRocketの大手eコマース事業主体であるLazadaと合併することを確認した。以下は彼の発言である。

LamidoはもともとLazadaの実験的な事業で、Lazadaとは別に消費者向けのマーケットプレイスサービスを提供するために作られました。昨年ではサードパーティーの売上がLazadaの売上を増加させる促進要因となっており、ローンチ時にはサードパーティーの売上割合は10%であったのが現在は75%まで増加しています。LazadaとLamidoのマーケットプレイスが急成長するにつれて、2つのマーケットプレイスの間では消費者とセラーの基盤が重複するようになってきています。

LazadaとLamidoのブランド間には多くのシナジーがあることを前提としますと、両サービスを統合するのは自然な成り行きです。統合することで当社サービスのメニューをさらに増やすことができるだけでなく、バイヤーとセラーの方に素晴らしい経験をしていただくことができます。消費者の方は簡単に使えて信頼性の高い経験を求めておられますので、Lazadaのようなマーケットプレイスに私たちの将来があると信じています。

Bittner氏はさらに、合併が実施されるのはインドネシア、マレーシア、フィリピン、ベトナムなど、LamidoとLazadaの2つのマーケットプレイスが展開しているすべての市場であると続けた。また、Lamidoの全従業員はLazadaに統合される。

eコマースの勢いが増しているインドネシアのような国では、Lamidoは実際TokopediaBukaLapakといった企業と競合していた。一方、Lazadaは東南アジア全域においてB2Cのeコマースを支配しているサイトの1つだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

Rocket Internetの「Foodpanda」、買収ブームのなか競合スタートアップ6社を買収

SHARE:

オンライン食品配送サービス企業の Foodpanda は、巨大な買収が繰り広げられる中、7ヶ国で競合ライバル6社を取得したと2月6日に発表した。Rocket Internet が新しい子会社 Global Online Takeaway Group のローンチを発表したわずか1時間後のことだった。 Foodpanda が最近の資金調達で得た6,000万米ドルの使途はこれに違いない。 「これらの買収…

foodpanda-rocket-internets-online-food-delivery-service-debuts-in-southeast-asia
オンライン食品配送サービス企業の Foodpanda は、巨大な買収が繰り広げられる中、7ヶ国で競合ライバル6社を取得したと2月6日に発表した。Rocket Internet が新しい子会社 Global Online Takeaway Group のローンチを発表したわずか1時間後のことだった。

Foodpanda が最近の資金調達で得た6,000万米ドルの使途はこれに違いない。

「これらの買収によって、Foodpanda は東南アジアにおけるマーケットリーダーになりました」と Foodpanda の共同設立者で CEO の Ralf Wenzel 氏は本日午後の発表で述べた。

この買収に関して金額の詳細は明らかにされていない。今回買収した6社の情報は以下の通り。

  • インドの Just Eat – この案件は、イギリスを拠点とする Just Eat のインド部門のみが対象となっている。Foodpanda が最近 TastyKhana を買収したことで、今やインドの200都市、レストラン1万2000店をカバーしているという。 これによりRocket 社はインドで堅固な足場を築くことができる。
  • パキスタンの EatOye – このスタートアップは昨年設立されたばかりで、15都市で1,000のパートナーレストランをカバーしている。
  • マレーシアとシンガポールの Food Runner – この会社はシンガポールを拠点とする DealGuru という食品配送子会社。この買収には姉妹サイトの Room Service も含まれる。
  • フィリピンの City Delivery – この会社もまた DealGuru からのスピンオフのため、厳密に言うと上記2サイトの買収と同じである。
  • 香港の Koziness – Foodpanda の香港案件が意味するのは、同社が運営するのは Koziness だけでなく関連サイトである Dial-a-Dinner、SOHO Delivery、Ring-a-Dinner もあるということだ。
  • タイの Food By Phone – この会社は1998年に電話で注文を受けるスタイルでスタートしたが、後にウェブサイトも開設した。タイの3大都市で650のレストランをカバーしている。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

独インキュベータ Rocket InternetとフィリピンのPLDTが電子決済ベンチャーでeコマースの促進を図る

SHARE:

eコマースの大手Rocket Internetとフィリピン長距離電話(PLDT)は、フィリピンオンライン決済市場への参入に向けて大きな一歩を踏み出した。共同声明で両社は、新興成長市場に特化したオンラインおよびモバイル決済のジョイントベンチャーを折半出資で設立することで合意したと発表した。 これはドイツに拠点を置くスタートアップ・インキュベータへの4億4500万米ドルの投資に続く取り決めで、「銀行口…

rocket-internet1-720x361

eコマースの大手Rocket Internetとフィリピン長距離電話(PLDT)は、フィリピンオンライン決済市場への参入に向けて大きな一歩を踏み出した。共同声明で両社は、新興成長市場に特化したオンラインおよびモバイル決済のジョイントベンチャーを折半出資で設立することで合意したと発表した。

これはドイツに拠点を置くスタートアップ・インキュベータへの4億4500万米ドルの投資に続く取り決めで、「銀行口座なし、クレジットカードなし、インターネット接続なし」の人を対象とするサービスの開発に向けた戦略的提携の始まりとなる。

マニラに拠点を置くPLDTは、モバイルファーストの決済プラットフォームであるSmart e-Moneyに関する知的財産と事業運営をこのジョイントベンチャーに移行させる。Rocket Internet側は、設立に力を貸した2つの決済プラットフォームであるPaymillとPaylevenで「参画」に貢献する。

Smart e-Moneyはモバイルバンキングとeウォレットのパイオニアで、2013年には34億ユーロ(40億6000万米ドル)相当の取引を処理した。一方Rocket Internetのe決済サービスは、急成長を遂げているヨーロッパの中小eコマース企業を対象としている。

このジョイントベンチャーは東南アジアでZaloraやLazadaなどのブランドで運営しているRocket Internetのeコマース事業をターゲットとしている。この案件が実施される前、これら企業はPLDTのMePayを利用し始めていた。MePayはZaloraサイトでショッピングする際にクレジットカードなしで決済できるサービスである。

このジョイントベンチャーに関する合意は規制当局の承認待ちとなっている。第1四半期中には許可が出るとみられている。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia
【原文】

楽天のアジア地域における投資計画についての考察

SHARE:

近年、アジア地域では3RといわれるRocket Internet、Reebonz、楽天の3社の活動が盛んで、eコマースが伸びてきている。 Rocket InternetとReebonzは巨額の資金で脚光を浴びているが、収益47億米ドルを誇る日本のeコマース大手の楽天は、台湾やタイ、インドネシア、マレーシアを拠点とするスタートアップに1000万米ドルの投資をすると発表した。 Rocket Inter…

近年、アジア地域では3RといわれるRocket Internet、Reebonz、楽天の3社の活動が盛んで、eコマースが伸びてきている。

Rocket InternetとReebonzは巨額の資金で脚光を浴びているが、収益47億米ドルを誇る日本のeコマース大手の楽天は、台湾やタイ、インドネシア、マレーシアを拠点とするスタートアップに1000万米ドルの投資をすると発表した。

Rocket InternetとReebonzは地元のスタートアップの間でそれなりに知られている企業であるが、楽天は少なくとも日本以外では、これから存在感を増そうという段階だ。

楽天の地域計画をもっと理解するため、同社アジア担当CEOである島田亨(Thomas)氏とRakuten Venturesの業務執行社員であるAnh Sae Min氏の2人のシニアエグゼキュティブに話を聞いた。

SGE:楽天は2年後どうなっているでしょう?

Toru-Shimada

Thomas氏:楽天は、同じ考えを持つ企業に楽天グループに参加していただき、分野や規模、地理的に拡大することによって世界規模の展開を加速的に行なっていきます。

当社は、本業の成長を通じた場合よりも今まで以上に早い展開をしていくことにご協力いただけるパートナーや投資家を求めています。また、電子書籍などの高成長分野に、リソースの配分や積極的な投資を戦略的に行っていくことによって、中長期的な収入の機会を設けていく予定です。

例えば、楽天はKoboを電子書籍のエキスパートとして迎え入れました。また、Wuaki.tvはコンテンツプロバイダーとつながりがあること、ADSは自動倉庫の技術に優れていること、Buy.comPriceMinisterPlay.comなどの企業は多数の上顧客を持っていることなどを評価して招き入れました。

当社はこれからも同じような展開をしていきたいと考えています。当社の短期的目標は、当社特有のB2B2C取引による「仮想ショッピングセンター」のモデルに「おもてなし」という日本の文化に根差した高いサービス精神を加えることにより、私たちが今までに成し遂げてきたことを世界で再現し、より多くの国で展開していくことです。

Rakuten Asiaは楽天の世界展開において、さらに重要かつ大きな役割を担うことになるでしょう。

当社はアジア地域にさらに投資をすることを5年前に決定しました。アジア地域への最初の投資として、2008年、台湾に参入しました。続いて翌年タイへ、2011年にはインドネシア、2012年にはマレーシアに参入しました。これまでの成功と現在の市場のチャンスを生かして楽天は今後数年間、さらにアジアに集中して投資を増やしていくことによって地域内のビジネスの成長を加速させていきます。

当社は、アジアのインターネット分野の進化のスピードに後れを取らないよう、さらに競争力を高めることによって、世界一のインターネットサービス企業になるという目標を達成したいと考えています。

スタートアップは楽天のビジネス戦略をどのように活用したらよいでしょうか?

Thomas氏:インターネットが世界的に広がり、社会基盤が世界的に変化しているのを考えると、インターネットは引き続き世界の経済成長のけん引役になります。eコマース市場はスマートフォンやタブレットのユーザの増加とそれに伴う生活スタイルの変化に後押しされて、ますます成長するでしょう。

シンガポールだけで見ると、2012年に新たに起業された会社は5万6778社に上り(Singapore Department of Statistics調べ)、その数は年々増加しています。

良いプロダクトを扱うスタートアップも中にはありますが、そういったスタートアップでもアジア全体や日本での流通、マーケティングに問題を抱えていることもあります。楽天はそういったスタートアップを支援するのに最適です。それは、何百万件にも及ぶお客様とのオンライン取引の経験を共有できるからです。

アジア太平洋地域のスタートアップの環境は今後どうなっていくのでしょうか?

Sae-Min-002

Sae Min氏:市場の動きが速いことを考えれば、5年後にアジアでスタートアップの環境がどうなっているか、2年後でさえも予想するのが大変難しいです。楽天が重要だと考えているのは、東南アジアを拠点とした高度な技術を持った数々のスタートアップが出てきていることです。

韓国、日本、香港などのより発展した市場を見ると、多くの優秀な起業家たちが、決済やコンテンツ消費・作成の分野で既存の確立された企業や業界に彼らのプロダクトで変革を与えていくことと思います。

例えば韓国では、スマートフォン経由での金融取引に関してサイバーセキュリティの問題がますます重要になっており、プロダクトとサービスのアイデア両方において多くのイノベーションが促進されています。

香港では違った観点からセキュリティ市場を目指しているスタートアップが見受けられます。消費者やユーザのシステムに対する捉え方を根本的に変えるために、様々なインタラクションの方法や価格帯を適用しています。

アジアはこれまでずっと欧米の経済を圧倒してきましたが、今後何年にもわたって圧倒し続け、世界で最も急成長している地域の1つになっていくでしょう。

現在アジアには多くのチャンスがあり、投資するには間違いなく最適な時期です。今こそ起業家や投資家たちをワクワクさせる時代なのです。

どの分野に1000万米ドルの資金を投資されますか?

Sae Min氏:楽天は、当社の考えに同調していただける企業にファミリー企業としてご参加いただきたいと常日頃から考えています。つまり、1000万米ドルの資金は当社の考えに同調していただけるアジアのスタートアップに投入される予定です。そして楽天の強力なeコマースエコシステムにご参加いただき、シナジー効果を生み出していきます。

当社では、優れたチームや優れた技術、優れたリーダーを求めています。情熱を持ち、現状を変えていくという意欲がある人が必要です。また、競争力のある技術を多く持ち現在のビジネス基盤にその技術を柔軟に適応させることのできる企業を求めています。

投資の規模にはこだわりませんし、多くの投資家と一緒に仕事をしたいと思っています。多様性は大歓迎です。個人的には決済インフラや金融サービスの変革、コンテンツ消費・作成プラットフォームなどの縦型サービスに興味があります。

投資自体は始めてからわずか2か月余りでしかありませんので、アジア市場で楽天独自の方法で投資をしていけるよう最大限努力していきます。

【via SGE.io】 @SGEio

【原文】

Rocket Internet創業者が1億9300万米ドルのファンド「Global Founders Capital」を開設

SHARE:

Rocket Internetを創設したOliver Samwer氏とMarc Samwer氏が、ClickandBuy(Deutsche Telekomが買収)とDelivery Heroの共同設立者Fabian Siegel氏と共に、Global Founders Capitalという1億5000万ユーロ(1億9300万米ドル)規模のファンドを始動した。 Global Founders Cap…

Global Founders Capital

Rocket Internetを創設したOliver Samwer氏とMarc Samwer氏が、ClickandBuy(Deutsche Telekomが買収)とDelivery Heroの共同設立者Fabian Siegel氏と共に、Global Founders Capitalという1億5000万ユーロ(1億9300万米ドル)規模のファンドを始動した。

Global Founders Capitalは、シードステージから成長ステージにわたるすべてのステージの企業を対象にグローバル規模で投資をしていく。テック専門家であれば、その多くが存在を知っているだろうRocket Internetは、東南アジアで精力的に事業を推進している。

同ファンドが東南アジアをターゲットにする可能性は高い。だが、Rocket Internetが東南アジアで展開するサービス、ZaloraLazadaPricePandaFoodPandaなどに競合する企業への投資が避けられることはほぼ間違いない。

Global Founders CapitalのパートナーFabian Siegel氏は、私たちに同ファンドは地域ごとに分けた取り組みをしないと語っている。例えば、アジアにどのくらい出資する、という枠組みはないということだ。だが、最終的には多額の資金が同地域に注入されることになるだろうと私たちは推測している。

関心のある方のために、同社のプレスリリース全文を以下に掲載しておく。

プレスリリース

Oliver SamwerとFabian Siegelが1億5000万ユーロのGlobal Venture Fundを開始

[ミュンヘン—2013年3月18日] ダボス会議の世界経済フォーラムでヤング・グローバル・リーダーに選ばれたヨーロッパのインターネット熟練起業家Oliver Samwerと、仲間とともに過去2年でDelivery Heroを業界のグローバルリーダーにまで築き上げたFabian Siegelが、チームを組んでGlobal Founders Capitalというファンドを開始。同ファンドは、企業のサイクルステージにこだわらない世界規模のベンチャーファンドで、世界中の起業家の事業構築・拡大を支援。

Oliver Samwerは他の兄弟と共に、世界43か国で27,000人の社員を持つ世界最大のインターネットビジネス構築グループを運営し、このGlobal Founders Capitalを世界の起業家をサポートする1つの手段と見ている。

「過去15年間にわたり、インターネットビジネスを構築することができ嬉しく思っています。インターネットは世界中の起業家に一生に一度のチャンスをもたらすものだと私は信じています。Global Founders Capitalを活用して、世界の起業家に運営上のノウハウや、私たちのネットワークおよび事業拡大に必要な資金を提供しサポートしていきたいと思っています。」

Global Founders Capitalは、シードラウンドからグロースキャピタルにおよぶ全ステージの企業に投資を実施していく。同ファンドが重点を置いているのは、1つの市場、もしくはそれ以上の市場にグローバル規模で拡大することによって、事業規模が非常に大きくなる可能性を秘めたビジネスに投資をすること。

「13年以上に渡ってビジネス構築を経験し、今度は世界のスタートアップの事業構築をサポートしていくことを非常に嬉しく思います。Global Founders Capitalに取り組む私たちにはそれぞれ、実際に事業運営を成功させたという長年の経験があります。

私たちには起業家が投資家を探している時に何が必要かということを知っています。私たちのビジョンは事業チームを付加価値的にサポートし、資金だけでなくそれ以上のものを提供していくことです。私たちは、迅速に実用的で公平なサポートを提供することを起業家に約束します。」—Fabian Siegel

Global Founders Capitalは、数々の有力なインターネット起業家から提供された1億5000万ユーロのファンドを活用して出資を実施していく。同ファンドの拠点は、ドイツのミュンヘン。

Global Founders Capitalについて

Global Founders Capital (www.globalfounders.vc)は、スタートアップのサイクルステージにこだわらないグローバル規模のファンドで、ミュンヘンを拠点にしている。

この基金には、ダボス会議の世界経済フォーラムでヤング・グローバル・リーダーに選ばれたヨーロッパのインターネット熟練起業家Oliver Samwerと、Eisenhower Fellowship Awardを受賞したスタートアップの起業家Marc Samwer、そして、仲間とともに過去2年でDelivery Heroを業界のグローバルリーダーにまで築き上げたFabian Siegelの3人のパートナーで構成されている。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

ファッションeコマースのZalora Indonesia、1日1,000件の売上増を目指してモバイルを活用

SHARE:

【原文】 ファッションeコマースサイトZalora Indonesiaは、2月24日にサービスローンチ1周年を記念して、顧客に販売キャンペーンを開催した。Rocket Internetのポートフォリオ企業である同社は、この記念日を利用していくつかのデータを公開し、新たなウェブインターフェースやモバイルアプリなど、同社の今後のサービス展開について説明をした。 この1年、Zalora Indonesi…

【原文】

zalora

ファッションeコマースサイトZalora Indonesiaは、2月24日にサービスローンチ1周年を記念して、顧客に販売キャンペーンを開催した。Rocket Internetのポートフォリオ企業である同社は、この記念日を利用していくつかのデータを公開し、新たなウェブインターフェースやモバイルアプリなど、同社の今後のサービス展開について説明をした。

この1年、Zalora Indonesiaは同ウェブサイトへのトラフィックを獲得するために多額の資金を費やした。発表によると、現在、同サービスには1日に平均15万人のユーザがアクセスし、毎日およそ1000~1500件の販売実績を上げているという。同サイトは今や、500種類のブランドを扱い、2万7000点以上の衣類およびファッションアイテムを提供している。これらすべての数字を達成するために働いているスタッフの数はおよそ200人だ。

2月の日曜日に行われた販売セールについて、同社はすべてのアイテムを2割引するという時間限定のミッドナイトセール(日曜日:午前12時から午前1時、月曜:午後11時から午前12時)を約束していた。その他には、最低購入額の設定がないキャッシュバック企画や、顧客への特典プログラムも提供し始める予定だ。

また、新たなウェブインターフェースを3月にローンチし、iPhone、Android、Blackberry用のモバイルアプリを4~5月の間にリリースする予定だ。さらに、即日配達サービスも100都市に拡大する計画をしている。

どうやら、モバイルコマース業界に目を向け始めるeコマース企業がますます増えているようだ。ちょうど今週、LojaiとTokoBagusの2社がモバイルショッピング用にAndroid版アプリをローンチしている。東南アジア全域のすべてのZaloraネットワークも2月にモバイルサイトを開始した。

Zalora Philippinesも2月に、ローンチ1周年を記念して販売イベントを実施した。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

Rocket InternetのLazada、ドイツの小売グループTengelmannから約2000万米ドルを獲得

SHARE:

【原文】 Lazada(東南アジアで積極的に事業展開をするRocket InternetプロデュースのAmazon似のサービス)は先日、Rocket Internetの常連投資家であるドイツの小売グループ企業Tegelmannから資金を調達したことを発表した。TechCrunchによると、資金の調達額はほぼ2000万米ドルという。 Lazadaはすさまじい勢いで資金を調達している。昨年9月、同社は…

【原文】

lazada-logo

Lazada(東南アジアで積極的に事業展開をするRocket InternetプロデュースのAmazon似のサービス)は先日、Rocket Internetの常連投資家であるドイツの小売グループ企業Tegelmannから資金を調達したことを発表した。TechCrunchによると、資金の調達額はほぼ2000万米ドルという。

Lazadaはすさまじい勢いで資金を調達している。昨年9月、同社は投資銀行のJP Morganから推測だが、5000万~1億米ドルを調達している。その後、スウェーデンの投資企業Kinnevikから4000万米ドル、さらにSummit Partnersから2600万米ドルを獲得した。

合計で15~20%の株式がそれらの投資家に分与されたとすれば、Lazadaの時価総額は9億米ドルを越えるだろう。同オンラインサービスは現在、マレーシア、インドネシア、ベトナム、フィリピン、タイで展開されている。これらの地域は、Amazonが確固とした存在感を築いていない国々だ。

TengelmannはファッションeコマースのZaloraへも投資している。Zaloraも東南アジアで積極的に事業を行っている。Tegelmannは最近まで、同社の投資活動に関しては口を閉ざしていた。

Lazadaは、書籍以外にも、ガジェットや家電、スポーツ用品、玩具などを販売している。そういうことから、同サービスは東南アジアにある数多くのeコマーススタートアップとシェアを競い合っている。

現地の起業家がRocket Internetの強さにうわべでは平静を装っているように見える一方で、もし状況がLazadaの思うように進めば、Lazadaは数多くの分野で独占的なプレーヤーとなる可能性が高く、地元のスタートアップの成長を妨げることになるというのが現実だ。

オンラインの小売市場がインドネシアとフィリピンで大きく成長したとしても、Lazadaには特別大きなマーケティング予算があるので、それらの市場のシェアを確保するための同社のポジションはこの上ないだろう。

もしSamwer兄弟がZalandoでヨーロッパを支配することができれば、その成功をアジアで再現することも可能だろう。

【via SGE.io】 @SGEio

Rocket Internet、価格比較サイト「PricePanda」を東南アジア全域でローンチ予定

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Rocket Internetが、東南アジアに特化した新しいeコマースをローンチするという情報を入手した。今回ローンチするのは、PricePandaというオンラインの価格比較サイトだ。 提携する現地のeコマースパートナーが十分に集まれば、すぐにでもローンチできるという。Rocket Internetには独自のeコマース「Zalora」や「Lazada」がある…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Rocket Internetが、東南アジアに特化した新しいeコマースをローンチするという情報を入手した。今回ローンチするのは、PricePandaというオンラインの価格比較サイトだ。

提携する現地のeコマースパートナーが十分に集まれば、すぐにでもローンチできるという。Rocket Internetには独自のeコマース「Zalora」や「Lazada」があるが十分とは言えないようである。同社は現在、同地域の小売店や現地のeコマース企業にパートナーとなってもらうよう働きかけ多くの企業を取り込もうとしている。

PricePandaは巷にあるほとんどの価格比較サイトと同じように、利用者に同サイトと提携するすべてのeコマースの価格を提示し、提携企業のサイトに利用者を誘導、そして注文および支払いのフォローアップをする。提携eコマース企業は、それぞれの価格をPricePandaで共有するだけで残りはPricePandaが対応するというわけだ。

DNS Whois 検索をしてみたところ、Rocket Internet はすでにシンガポール、マレーシア、フィリピン、ベトナムでドメイン名を確保しているようである。だから、いつもの通り同地域でサービスを同時ローンチをする確率が高い。PricePandaについてこれ以上の情報はないが、必ずまたアップデート情報が入ってくるだろう。

【via Daily Social】 @dailysocial_en

レストランのメニューをオンラインで注文できる出前サービス「FoodPanda」

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 LazadaとZaloraが数カ国で立ち上がったばかりだが、Rocket Internetはまだまだ満足していない。さらにFoodPandaがサービスリストに加えられる。オンラインで出前が頼める。郵便番号を入力すると近くの提携レストランを教えてくれ、その中からレストランを選びメニューから食べたいものを注文する。商品が届いた時に現金で支払う。 面白いサービスだ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

LazadaとZaloraが数カ国で立ち上がったばかりだが、Rocket Internetはまだまだ満足していない。さらにFoodPandaがサービスリストに加えられる。オンラインで出前が頼める。郵便番号を入力すると近くの提携レストランを教えてくれ、その中からレストランを選びメニューから食べたいものを注文する。商品が届いた時に現金で支払う。

面白いサービスだ。東南アジアでこのようなサービスを始めるスタートアップはそれほど多くはない。FoodPandaはインドネシア、フィリピン、タイ、マレーシアへの進出を考えているが、兄弟サービスであるZaloraと同じく本社はシンガポールにある。

SGEntrepreneursによると、 FoodPandaはシンガポールのHungryDeliveryやEatit.sg、タイのChefXPやFoodbyPhoneと真っ向から競争していかなければならない。Googleで各地のオンライン出前サービスを検索すると、インドネシアのKlik-Eat、フィリピンのDelivery.ph、マレーシアのRoomServiceDeliveryなどが見つかった。

FoodPanda Indonesiaは、ジャカルタにNobuzen、4 Fingers、Trattoria Il Sale、Bebek Goreng Surabayaなど提携レストランが81店ある。これが良いチャンスとなり、インドネシアで収益を伸ばすだろう。電話での出前注文のサービスはお粗末で、コールセンターの対応にうんざりしている人は多い。オンラインで注文すれば、早くまたもめごともなくスムーズになる。そのうちモバイルアプリで注文できるようになるともっと良い。

このようなサービスを始めようとするスタートアップは現れていない。提携レストランを集め、サービスをうまく提供していくには多くの資本が必要だと考えるからだ。FoodPanda は Rocket Internetのスタートアップの1つなので元手があるのは明らかだ。早くにより多くのレストランと提携できれば、利用してみようと思うユーザーも増えてくるだろう。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

Eコマースを運営するドイツのRocket Internet、Amazonのクローンでインドネシアに進出

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Rocket Internetは近頃オンラインファッションサイトのZaloraを立ち上げた。さらに電化製品の販売に特化したサイトも続けて立ち上げている。そのサイト名はLazada(※1)だ。 Lazadaは、スペイン語で「輪」という意味を持つ。Amazonのモデルを真似した同サイトもまた、悪名高いSamwer brothersによって作られたクローンだ。丁寧…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Rocket Internetは近頃オンラインファッションサイトのZaloraを立ち上げた。さらに電化製品の販売に特化したサイトも続けて立ち上げている。そのサイト名はLazada(※1)だ。

Lazadaは、スペイン語で「輪」という意味を持つ。Amazonのモデルを真似した同サイトもまた、悪名高いSamwer brothersによって作られたクローンだ。丁寧な言い方をすれば、リニューアルする前の古いAmazon.comか、もしくは現在のイギリス版amazon.co.ukにそっくりだ。Lazadaは(上記写真参照)中東(厳密にいえばドバイ)を拠点に、 エジプト、インドネシア、フィリピン、そしてタイに進出している。

Lazada.comはテレビ、ソフトウェア、コンピューター、カメラのような家電製品を取り扱う。インドネシアのパートナーにはAcer、Apple、 Blackberry、Canon、Lenovo、Nokia、Samsung、そしてSonyといったブランドが名を連ねている。Zaloraと同様に、Go-jekのおかげでジャカルタ全域に無料で配送を行う。Rocket Internet IndonesiaのCEOであるNadiem Makarim氏はGo-jekの共同創業者でもあるため驚くには至らない。

Lazadaがインドネシア市場で勝ち残るには、現地のe-コマースモールBliBliや日本拠点のRakuten’s Belanja Onlineとの競争に打ち勝つ必要がある。後者のRakutenは最近ブランドが認知され市場シェアを獲得しつつある。

AmazonやZapposのような企業は中東や東南アジア地域には注目してこなかっため、Rocket Internetは将来的に彼らに買収され早くエグジットできる可能性がある。有名サービスを模倣し、ローカライズされた本物と見分けのつかないサイトを作る前例になるかもしれない。

インドネシア及び、新興市場でのRocket Internetのやり方をどう思うだろうか?みなさんからのコメントを待っている。

(*1 編者注:翻訳したタイミングで「Lazada」というサービス名は、「mizado」に変更されている。)

StartupBase Profile

rocket-internet

Company: rocket-internet

ベルリンに拠点を持つ企業。インターネット分野での革新的な企業に投資し、年間でその開発をサポートしている。オンラインファッションサイト「Zalora」や、電化製品の特化したコマースサイト「mizado」などを東…

About StartupBase

 

【viaTech in Asia】 @TechinAsia