インドネシアの新生インキュベータ Batavia が Bukalapak.com へ出資

by Willis Wee Willis Wee on 2011.7.19

【原文】

Bataviaは、テック・スタートアップが加速している国インドネシアで、最も新しいインキュベータだ。昨日(原文での記述、実際には7月14日)正式に創設が発表され、ネットとモバイルのスタートアップにフォーカスして支援していくことを明らかにした。同社は、日本のリブライトパートナーズ、インドネシアの金融グループ「コルフィナ」によるジョイントベンチャーである。

Bataviaは、インドネシアのスタートアップに提供できる、すばらしい資質と多くの経験を持っている。リブライトパートナーズのCEO蛯原健氏は、VC業界で15年以上の実績を持ち、ベンチャーキャピタリストになる前は自らもシリアルアントレプレナーだった(訳注:蛯原氏は、ジャフコでベンチャー企業の投資育成に携わった後、デザインエクスチェンジ株式会社代表取締役に就任。GMOベンチャーパートナーズを経て、中古バイク探しポータル「バイクブロス」を創業 )。一方、「コルフィナ」はインドネシアのリアルセクター(消費・供給に関わる産業活動)で2億ドル以上の金融取扱高がある。

Bataviaは発表の中で、次のように述べている。

我々は、インドネシアの若く才能にあふれたテック・スタートアップと共に成長したい。シードマネーを提供するだけでなく、歴史上証明されているインターネットのビジネスモデル、戦略、上場への指南を含め、あらゆる財務的なアドバイスを提供したい。

Bataviaは最初の支援先として、C2Cのオンラインマーケットプレースである Bukalapak.com を迎えた。900万PV/月以上をたたき出すEコマースサイトとして、Bukalapak の名前に記憶のある読者もいるだろう。(今ではさらに多くのPVを記録しているだろう)。

Bukalapak.com のディレクターAchmad Zaky 氏は、Bataviaと共に進むことに自信を持っている。

Batavia は、日本のEコマース業界で大きな実績を持っている(訳注:リブライトパートナーズとの関係を受けての発言と考えられる)。今回調達した資金は、Bukalapak.com の UX の 技術的基盤強化に使う計画だ。

出資額は未発表。今月だけで、インドネシアでは Project EdenIdeosource という別のインキュベータも支援を開始している。

【via Penn Olson 】 @pennolson

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------