アメリカ発の「Uber」がアジアに進出、オンデマンドのリムジン・タクシー配車サービスをシンガポールで開始

by e27 e27 on 2013.2.13

【原文】

uber-logo

アメリカ発のリムジン・タクシー配車サービスUberが、同社にとって初のアジア市場となるシンガポールでのローンチを発表した。

[最新情報]Uberは日本でフルタイムのコミュニティマネージャーを募集中だ。同社はどうやら待望の日本進出を計画しているようだ。

Uberとは、オンデマンドでリムジン・タクシーを派遣するサービスだ。同社のシンガポール参入は昨年10月、SGEntrepreneursが最初に報じていたが、同社は公式にシンガポールでのローンチを発表した

2011年のシリーズBラウンドが同社の行った最近の資金調達で、Menlo Ventures、Jeff Bezos氏、Goldman Sachsが、誕生して18ヶ月のUrberに合計3200万米ドルを出資した。その他の出資者には、CrunchFund、Benchmark Capital、First Round Capitalなどの投資企業や、数人の個人投資家がいる。Urberは、Travis Kalanick氏、Oscar Salazar氏、そして人気のソーシャルブックマークサイトStumbleUponの創業者であるGarrett Camp氏によって設立された。

シンガポールでのローンチにより、ピーク時や雨が降った時にはタクシーをつかまえるのが難しくなるシンガポールの人々にとって、従来とは異なる選択肢が増えたことになる。しかし、Uberの価格設定では、基本料金として7シンガポールドルがかかり、12シンガポールドルからサービス利用可能となっている。タクシーの運賃が3.20シンガポールドルであるのと比べると、この価格は非常に高い。下の表はUberとシンガポールのタクシーの運賃を比較したものだ。

uber-vs-taxi

このサービスは、確実にシンガポールのタクシーへの不満を和らげることになるだろう。特に、雨天やラッシュ時のシンガポールのタクシーの不便さについては、よく文句を言われているところだ。しかし一方で、Uberの価格は、シンガポールでは他のタクシーの2倍以上ということになる。その他にも、Uberのようなレンタル運転手は、安全性や運転手個人の責任がおろそかになるという問題もある。

関連記事も参照:タクシーの相乗り支援のGoMyWayがシンガポールでローンチ、果たして相乗りは現地のタクシー客に受け入れられるか?シンガポールのような規律が厳しい国において、陸上交通庁がどのように対応にでるのか興味深いところだ。

Uberは現在、世界中の29の都市においてサービスを展開、あるいはテスト中だ。その中にはアメリカ、カナダ、イギリス、パリ、ドイツ、オーストラリア、そして今回のシンガポールといった地域が含まれる。

【via e27】 @E27sg

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------