Facebook Messengerボットが決済に対応〜TechCrunch Disrupt SFで、David Marcus氏が機能強化の裏側を明らかに

by Khari Johnson Khari Johnson on 2016.9.13

david-marcus-facebook-620x390

Facebook の VP David Marcus 氏は、ユーザは Facebook Messenger アプリから抜けることなく、ボットが決済を受け付けられるようになった、と話した。

決済機能は、今日(アメリカ太平洋標準時12日)発表された、Facebook Messenger のバージョン1.2へのプラットフォーム更新で追加される機能の一部だ。これまでは、Messenger を使う事業者や企業は、ウェブブラウザやアプリ上で、トランザクションを完了する必要があった。Messenger アプリ上で決済ができるようになることで、中国で WeChat(微信)が実施しているような、対話型コマースのプラットフォームへとまた一歩近くことになる。

インドのスタートアップ Niki.ai が2週間ほど前から Messenger 経由で決済の受付を始めている。Marcus 氏によれば、一般的なモバイルウェブサイトに比べ、この Niki.ai による対話型決済では成長が10倍に上っているそうだ。

ニュースフィードの中のボット広告が挿入されるようになり、Messenger 上では、これまでボットができなかったことが可能になる予定だ。

Facebook は今日、同社の記事投稿の中で次のように述べている。

今月、ニュースフィード広告のリンクで、Messenger アプリに誘導される機能をリリースする。広告主が、ニュースフィード広告のリンク先を Messenger に指定すると、「Shop Now(いますぐ買う)」とか「Learn More(より詳しく)」といったユーザを Messenger へ導くリンクボタンを広告の中につけられるようになる。ニュースフィード広告でクリックすると、そこからすべて Messenger 上で新しいスレッドを開かれることになる。

CEO の Mark Zuckerberg 氏が Messenger API を4月に公開して以降、3万4,000人以上の開発者が3万件のボットを開発している。

世界最大のソーシャルネットワークでチャットプラットフォームの Facebook は、複数のモバイル決済企業とも協業している。

Marcus 氏は、サンフランシスコで開催中の TechCrunch Disrupt のステージで、次のように述べた。

決済機能を提供する、ほぼすべての企業と窯業している。PayPal とも、Skype とも、Stripeとも、Visaとも、MasterCardとも、American Expressとも、Braintree ともだ。

このステージで、Marcus 氏は、当初のボットの立ち上がりや、Facebook が(ボットの)エコシステムをどのように作ろうとしているかについても語った。

4月にローンチしたボットのプラットフォームで、改善すべき点や不足している機能を尋ねられると、エコシステムの形成にはしばらく時間がかかるとし、Facebook はまず、「そこに杭を立て、API を使って新たな機能を作り始めた開発者や企業が、それを実現できるようにすること」に注力していると答えた。

ボットの盛り上がりがあまりにも速く、我々が提供していた基本機能では、従来のアプリインターフェイスや体験を置き換えるには十分ではなかった。そこで、この数ヶ月間は機能強化に注力してきた。(Marcus 氏)

ボットが導入された4月以降、Facebook Messenger には、マーケティングや購読型メッセージの送信機能に加え、メニュー、カード、ボタン、回転機能などが追加されてきた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------