東南アジアの配車アプリ「Grab」、インドネシアのO2O「Kudo」の買収合意を発表——キャッシュレス決済「GrabPay」部門に新代表を任命

by e27 e27 on 2017.4.4

左から:Grab CEO 兼共同創業者 Anthony Tan 氏と、Kudo CEO の Albert Lucius 氏
Image credit: Grab

2017年2月以降、インドネシアのスタートアップシーンには、東南アジアの配車サービス大手 Grab が、インドネシアの O2O e コマースプラットフォーム Kudo を買収したとの噂が駆け巡っていた

沈黙の期間を経て、今日(原文掲載日:4月3日)ついに Grab は Kudo の買収合意に調印したことを確認した。

報道発表で Grab は次のようにコメントしている。

この取引は、インドネシアにおけるオンライン消費の成長を支援する Grab の決済エコシステムを拡大し、Grab が最近発表した2020年マスタープラン「Grab 4 Indonesia」のもと、Grab による最初の投資案件である。

Kudo は、銀行口座を持たない顧客が個人エージェントの助けを得て、オンラインで買い物ができる e コマースプラットフォームだ。今回の買収ディールのクロージングにより、Kudo のチームが Grab に加わり、Kudo が Grab の従来の決済エコシステムと融合されることが明らかにされた。

Grab は、次のようにも述べている。

Grab は、インドネシアじゅうに張り巡らされた Kudo のエージェントネットワークを支援し加速させる。また、より多くの運転手や Grab プラットフォーム上の GrabPay のユーザが Kudo を利用できるようにする。

両社は、保険や消費者ローンを含む Kudo の金融サービスの成長においても、ビジネス機会を求めていく。

今回のディールは1億ドルを超えるものと報道されてきたが、Grab は Kudo の買収金額について言及していない。

Grab はまた、Grab のキャッシュレス決済ソリューションである GrabPay の代表に Jason Thompson 氏を任命したことを発表した。

Thompson 氏は、電子決済サービス Euronet のヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA)およびアジア地域のマネージングディレクターを務めた人物だ。マイクロソフトやキヤノンなどで、チームを牽引する役目を15年以上にわたって担ってきた。Thompson 氏はシンガポールを拠点に活動することになる予定だ。

Jason Thompson 氏

【via e27】 @e27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------