インターネット葬儀手配のみんれびが総額10億円を調達——事業拡大と人材獲得へ

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2017.4.4

d16513-7-680826-1
(写真左から)新社外取締役 福島智史氏、新社外取締役 嶋聡氏、取締役副社長 秋田将志氏、代表取締役 芦沢雅治氏、取締役CFO 山田一慶氏、社外取締役 深山和彦氏

定額の葬式や法要をインターネットで手配できるサービスを提供するみんれびは4月3日、総額10億円の調達を発表した。

引受先は新規引受先のグロービス・キャピタル・パートナーズ、Spiral Ventures Japan、みずほキャピタルと既存投資家のグローバル・ブレイン、三井住友海上キャピタル、SMBCベンチャーキャピタルの計6社。さらに日本政策金融公庫より資本性ローン及び新株予約権付融資を組み合わせた借入を実施している。

 <関連記事>

また、これに併せて4月1日付けで嶋聡(しまさとし)氏を社外取締役として招聘したことも伝えている。嶋氏はソフトバンク社長室長および顧問、ソフトバンクモバイル特別顧問を務めた経験を持つ。

みんれびは2009年にレビューサイトからスタートし、2013年独自のブランド「シンプルなお葬式」「お坊さん便」をリリース。現在の提携葬儀社数は全国500社以上、提携僧侶は全国700名以上とのこと。今回の調達資金により、新たなサービス開発の強化及び人材の獲得、現行サービスの事業拡大を実施する予定としている。

Source: PRTIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------