Q&Aプラットフォーム「Quora」が8,500万ドルを調達、IPOに向けて国際展開を加速

by Yuki Sato Yuki Sato on 2017.4.22

上:Quora のオフィス
Image Credit: Quora

<ピックアップ>Quora raises $85 million to expand internationally and develop its ads business

シリコンバレー発のQ&Aプラットフォーム Quora は、「密かな注目株」である。Quora のアダム・ダンジェロ CEO は、VentureBeat の取材で先日新たに8500万ドルを調達したことを発表した。Y Combinator の投資ファンドである Y Combinator Continuity と Collaborative Fund が調達ラウンドを主導している。3年前の8,000万ドルの調達ラウンド以来の資金調達だ。

Quora は2009年にカリフォルニアのマウンテンビューで創業。ダンジェロ CEO は、Facebook のマーク・ザッカーバーグ氏とは高校時代の同級生で、かつて Facebook の CTO を務めたこともある。2008年にFacbeookを離れて以来、「インターネットにまだ存在しない知識をネット上に集めること」が彼のミッションとなり、Quora が立ち上がった。

ダンジェロ氏が VentureBeat に語った内容によれば、現在毎月のユニークユーザー数は1億9,000万とのこと。1年前から約二倍に伸ばしている。

今後の計画は、より多言語化を進めるようだ。昨年8月にはスペイン語版が、数週間前にはフランス語版(招待制)が追加されたが、今年中には新たにイタリア語とドイツ語を追加する予定である。

上:Quora のコーファウンダー・CEO のアダム・ダンジェロ氏
Image Credit: Quora

Quora のサービスはよくWikipediaと比較されることがあるが、「Quora は事実に基づいた情報というよりも、人々のオピニオンや分析に関するプラットフォームです」とダンジェロ氏が指摘するように、Wikipedia を直接的な競合とはみなしていないようだ。むしろ、月間ユーザー数が3億の Yahoo Answer Now の方が競合といえるかもしれない。

それでは、Quora はどこで他社と差別化するのかが気になるところだが、プラットフォームとコンテンツの質が鍵となるかもしれない。ルールを無視するユーザーを禁止するといった規定を整備したり、エディターが慎重にキュレーションしたコンテンツを提供したり、バラク・オバマ元大統領など世界的なリーダーが回答するコーナーをつくるなど、質の高いプラットフォームづくりに注力している。

Quora は、Benchmark Capital、ピーター・ティール氏、Y Combinator などそうそうたる投資家から出資を集め、これまでに調達した額は2億3500万ドルになる。評価額も前回のラウンドから倍増しており、現在の評価額はおよそ18億ドルとのこと。

収益に関しては、広告収入が柱になると期待されている。昨年4月に Quora は初めて広告を導入し、質問の内容に合わせた広告配置を試みている。

IPO の時期についても周囲の関心が大きくなっているが、ダンジェロ氏は「どこかのタイミングで、上場したいと思っている」とコメントしている。

via VentureBeat

* 訂正(4/22):当初評価額を9億ドルと記載していましたが、前回の調達時の評価額でした。18億ドルに訂正しました。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------