世界最大のスタートアップ・キャンパス、パリの「Station F」がオープンから1周年

by Chris O'Brien Chris O'Brien on 2018.7.7

Station F
Image credit: Patrick Tourneboeuf

昨年の夏、スタートアップ・キャンパスの「Station F」は、当時選出されたばかりのフランス大統領 Emmanuel Macron 氏が参列し、豪華な式典で幕を開けた。今日(原文掲載日:6月27日)、Station F は最初の12ヶ月間の進捗を言わすパーティーを開催した。

フランスの起業家 Xavier Niel 氏が生み出した Station F は、世界最大のスタートアップ・キャンパスと言われる。Niel 氏は、自己資金数億ユーロを投じて、鉄道駅跡地を起業家の集まるホットスポットへと改装した。

この機会を記念して、Station F に関するファクトを10件紹介したい。

  1. 現在、さまざまなテクノロジーに及ぶスタートアップ・プログラム31件を展開中。
  2. 最初の1年間で、デスクスペースには11,271件の応募があった。受け入れらたのは、そのうちの9%。
  3. 最初の1年間で、スタートアップ1,034チーム、合計4,882人の入居があった。
  4. 少なくともスタートアップ232社が資金調達し、そのうち113社は50万ユーロ超を調達。
  5. フランス国外からは、アメリカが筆頭で応募の34%を占めた。以降、イギリスの17%、中国の15%と続く。
  6. Station F に参加したスタートアップのうち、少なくとも8社が買収された。
  7. Station F に参加したスタートアップのうち、1.7%はシャットダウンした。
  8. Station F のスタートアップが開発するテクノロジーの筆頭は B2B SaaS で、以降、AI、B2C コンシューマアプリ、E コマースが続く。
  9. Station F 入居者の平均年齢は30.9歳。最年少は14歳で、最高齢は65歳。
  10. Station F は、入居者向けにワークショップを346件開催した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------