ユーザー投稿のプランで、日本人に新たな旅体験を提供する「Trippiece」

SHARE:

【原文】

Trippiece は、旅行プランをWeb上で共有することを可能にするサービスである。このスタートアップは東京のサムライインキュベートから資金を調達し、今年5月時点で378万円(およそ5万ドル)の自己資本を有している。先週、このスタートアップの設立者でCEOである石田言行(いあん)氏にインタビューをする機会を得た。


あなたの経歴と現在の状況について、お聞かせください。


現在、東京の中央大学に在学中で、商学を専攻しています。また、うのあんいっち(フランス語、スペイン語、イタリア語、英語、中国語、そして日本語での「1」を意味する言葉にちなんで名付けられている)というNPOを運営しています。このNPOの目的は、メンバーが発展途上国で直接見てきたことを伝え、そして、世界の現状を人々に伝えようというものです。また、以前は、ECナビという、日本のテック界のスタートアップ・コミュニティにとても積極的に貢献している、東京のWeb企業でインターンをしていました。


このサービスをローンチすることになったきっかけは何ですか?


数年前、私は発展途上国での社会起業を知るために、NPOの仲間たちとバングラデシュへの旅行を計画しました。私たちはその旅行でとても素晴らしい結果を得ることができ、ノーベル平和賞受賞者でグラミン銀行の設立者、CEOであるムハマド・ユヌス博士に会うこともできました。グラミン銀行はバングラデシュにある、小口金融を扱う地域発展のための銀行です。

私が感じたのは、旅行を計画しそれを仲間と実行することは、素晴らしい一体感をもたらした、ということです。旅のプランニングは、旅行代理店の専売特許である必要はありません。旅をプランする喜びは、個人同士でも共有できるはずだ、と考えたんです。


Trippieceは、どのようにローンチしたのですか?


このプロジェクトは、私自身を含む4人のメンバーでスタートしました。私たちは皆、祖国を離れて中国大陸、スペイン、ポルトガルといった場所で生活した経験があります。このことが、サービスのコンセプト形成に貢献したように思います。私たちは今年の2月末にTrippieceをローンチし、サムライインキュベートからシードマネーを資金調達することに成功しました。


このサービスでは、ユーザーはどのような旅行プランを掲載していますか?


それはとても様々です。例えば、地震が襲った地域を訪れて被災者救援活動をボランティアで手伝う旅行計画などがあります。

(筆者注:これを書いている時点では、スペインのバレンシアで来週開催される祭り、ラ・トマティーナに参加するという「piece(旅行計画)」が掲載されている。ラ・トマティーナでは、参加者が互いにトマトを投げ合う。)


どのようにしてサービスをマネタイズするのでしょうか?


このサービスをローンチしてからまだ一年も経っておらず、今はまだユーザーに興味を持ってもらうことに焦点をあてたアルファ版の状態です。私たちは今、旅の情報サイトをローンチする計画を立てています。このサイトは自分で計画した旅行体験に特化していて、多くの潜在的ユーザーの注意を集め、私たちのメインのポータルサイトへ誘導できればと考えています。現在、Trippiece は完全に無償で提供されていますが、サイト上でチケットなどの予約を受けることで、旅のプランナーがお金を集めるのを代行し、Trippiece が手数料収入を得る、といったようなビジネスモデルが可能かもしれません。さらに私たちは、旅行代理店や Tabippo.com のような旅行愛好グループなどと提携できないか模索しています。


国際的なサービス拡大の計画はありますか?


アジアの国々でサービスを利用可能にすることを考えています。日本人がアジアの雰囲気がする製品やサービスを使うことを心地良く思うのと同じく、アジアの人々は西洋の国々よりもアジアで作られたWebサービスを使うことを良く思うでしょう。体験を共有するプラットフォームを通じて、計画者側にアジア人旅行愛好家、参加者側に多くのヨーロッパ旅行者が生まれることを期待しています。


オンライン上には、Lonely Planet、Global Trotters(地球の歩き方)、Michelin(ミシュラン)など、旅の情報源はたくさんある。もしあなたがそういったお決まりの旅行情報サイトをチェックするのに飽きたら、Trippiece を試してみてほしい。Trippiece の英語版が早く利用できるようになることを期待したい。

本稿執筆時点で、石田氏はサンフランシスコに滞在している。この野心家の男に会いたい人は、彼のTwitterアカウント @IshidaIan から連絡してほしい。

【via Penn Olson 】 @pennolson