インドのオンラインショップ「Myntra」、新たに2,500万米ドルの資金調達か?

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

インドのライフスタイルとファッション用品のオンラインショップMyntra.comが、Accel PartnersとTiger Global Managementから2,500万米ドル相当と見られる投資を受けるという。The Times of Indiaからの情報で、情報の提供元は匿名だそうだ。この2社は最近、インドのeコマース企業Flipkartにも1億ドル以上を投資している。

The Times of Indiaは、Myntraの共同設立者であるMukesh Bansal氏が「追加投資を受けたという噂を否定した」としているが、私たちがMyntraの広報担当者に連絡したところ、現時点では答えられないとしたものの噂を否定することもなかった。

この噂が本当だとすると、Myntraは2007年に運営をスタートしてから合計7,400万米ドルもの資金を得たことになる。またこれは、今年2月に2,000万ドル、2010年11月に1,400万ドル、そしてそれ以前にも500万ドルを調達しているバンガロールを拠点とする同社の第4ラウンドにあたる資金調達となる。

それらに加え、投資家の間でFlipkartとMyntraの買収もしくは統合の話があるというAsian Correspondentの興味深い推測もある。ついこの2月に、FlipkartがLetsbuyを2,500万米ドルで買収するまで、LetsbuyはFlipkartの最大の競争相手であった。この話とMyntraには共通点を見出すことができる。現在、MyntraとFlipkartは同じ投資会社2社の手にかかっているのだ。興味深い話だ。

噂の渦中のMyntraだが、これまでのところ非常に良い業績をおさめているようだ。Mukesh Bansal氏は先月、Myntraの運営規模の内情を次のように述べた。

「私たちは現在、毎日8,000件の注文を受けています。ファッションとライフスタイルに根ざしたサービスを展開しており、業界内で20%から30%の市場シェアを得ています。過去15ヶ月に渡り、5~6ヶ月毎に確実に収益が倍増しています。5ヶ月前までの平均処理数は4,000程度でしたが、現在ではその倍です。また昨年度と比較しても、平均処理数は25%伸びています。」

Bansal氏は、同社が今後4~5年以内に10億ドル規模の事業に成長することを期待している。

1. The Times of Indiaは、記事内で匿名のソースをはっきりと記述していない。だが投資の規模感から更にフォローした結果、彼らは上記のように述べた。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------