アジアで大きく成長中の台湾のメッセージアプリ「Cubie」が650万人のユーザを獲得、9言語で展開

SHARE:

cubie-home

台湾のモバイルメッセージアプリCubieは最近、インドネシア語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語の4つの追加言語を発表し、合計9カ国語で利用できるようになった。

Cubieによると、同サービスはアジア圏内で大きく成長しているが、ヨーロッパや南米でもトラクションを得ているという。人気度を国別に見ると、1位の台湾に続いて、タイとマレーシアが2位と3位にランクイン、サウジアラビアが4位、アメリカがそれに続いている。

同社は現在、650万ダウンロードを記録し、ユーザに可愛いスタンプを販売して収益を上げている。Cubieのインターナショナル・メッセンジャーであるJames Hill氏によると、この高品質なスタンプには非常によく売れているものもあるが、同社は現在、他の収入源を模索しているという。

現在のところCubieは、LineKakaoTalkWeChatのようなプラットフォームは目指しておらず、チャットルームという分野に注力している。 Cubieは、SnapChat型の(テキストが削除される)メッセージ機能で競合メッセージアプリとの差別化を図っている。

初めは女性向けのモバイルメッセージアプリとしての台湾のスタートアップに私は衝撃を受けたが、時間が経つにつれ、このアプリが男女ともに人気があることが明らかになってきた。

先月私たちTech in Asiaは、CubieがどのようにGoogle Playに取り上げられ、1日当たり5万ダウンロードを記録したのかについて取り上げた。Cubieは最近、B Dash VenturesやNTT Investment Partners、Gumi Ventures、500 Startupsなどの投資家グループから110万米ドルの資金を調達している

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------