医師にリアルタイムで相談できるインドネシアのアプリ「Dokter Gratis」

SHARE:

Dokter-Gratis
体調が悪くて医者に質問したいと思っても、わざわざ病院に行ってお金を支払うほどのことかどうかわからないことがある。また、病院までの距離が問題になることもある。そこで登場するのがDokter Gratis(「無料の医師」という意味)だ。

Dokter Gratisはインドネシアの人を対象に開発されたアプリで、医者とライブチャットで健康に関する相談ができるサービスだ。私も試しに同アプリを利用してみたら、ほんの少し待たされただけで医者とテキストチャットをすることができた。

相談にのってくれた医者は健康全般に関する質問にいくつか答えてくれた。チャットルームには「健康全般」「糖尿病」「女性の健康」「乳児の健康」などいくつかのトピックがあり、その中から特定のトピックを選択することができる。

同アプリは、病院に行くべきかどうかを決める前の第1ステップとして、なかなか良いサービスのようだ。また、無料期間は利用開始の最初の1週間に限ると利用規約ページに記載されてはいるが、100%無料で同サービスが利用できることもDokter Gratisチームに確認をとった。

フレンドリーな医師たちが1日500件のアドバイスを提供

Dokter Gratisの制作に関わったチームは2つだ。1つは同アプリを開発したWarung Kreasiで、もう1つはチャット機能やソーシャルメディア業務を担うMedika Consultingだ。同サービスはシンガポールの医療ソーシャルプラットフォームBlabla Doctorとも提携をしている。

現在、同サービスには12人の医師がおり、毎日すべてのチャットに対応している。シフト制で対応し、医師1人につき1日1000回のチャットに対応することができるという。同アプリはこれまでに13万回のダウンロードがされており、1日におよそ500回のチャットが行われている。

インドネシア向けに開発された医療関連アプリには、Jakarta Founders Institute出身のAibilitiesが開発したDokitaというサービスがある。また、TanyaDokと呼ばれるインドネシアの医師グループが開発した医療サイトもある。全体的には、インドネシアで利用できるオンライン医療関連ソリューションがさらに開発されつつあり、良いことだと思う。

Dokter Gratisは、iOSAndroidBlackberryで利用できる。もしくは同サービスのこちらのウェブサイトでライブチャットも可能だ。

dokter ui

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------