スマートフォンのバッテリ共有サービス「マンタン(만땅)」に、韓国のボンエンジェルス(본엔젤스)が出資

SHARE:

mandang_featured

アーリーステージVCのボンエンジェルス・ベンチャーパートナーズ(본엔젤스벤처파트너스)は、世界初のスマートフォン・バッテリ共有サービス「マンタン(만땅)」を運営するスタートアップ、マイクン(마이쿤)に2億ウォン(約1,840万円)を出資したと発表した。

マンタンは、ソウルを中心にモバイルアプリのオフラインサービスを提供している。アプリの位置情報サービス(LBS)を使って、周辺の利用可能店舗をユーザに知らせ、店舗で充電するのではなく、フル充電したバッテリと交換してくるのが特徴だ。これまでモバイルにフォーカスして投資を続けてきたボンエンジェルスは、今回のマイクンへの投資を皮切りに、さまざまなITベンチャーに投資領域を拡大する計画だ。

ボンエンジェルス取締役のカン・ソクフン(강석흔)氏は、次のように述べている。

多くのスマホユーザーが経験する不便を解決するなど、世界初の独創的な共有ビジネスモデルと、チームの迅速な実行力を見て投資することにした。マンタンが AirBnB や ZipCar のような世界的なサービスになることを期待したい。

一方、マイクン代表のチェ・ヒョクジェ(최혁재)は、今回の資金調達について、次のようにコメントした。

今回の資金調達では、資金のみならず、我々の事業性やアイデアをボンエンジェルスに評価してもらった、という点で大きな意味がある。顧客のニーズに答えられる質の高いサービスを提供し、会社の地位を強化すべく全力を尽くしたい。

今年1月、ソウル随一の繁華街ホンデ(홍대)周辺でサービスを展開するマンタンは、ローンチから3ヶ月で損益分岐点(BEP)を突破し、現在30以上の店舗で運用している。ユーザの増加率は毎月2桁以上を記録するなど、急成長を遂げている。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------