血中アルコール濃度を手軽にチェックできる小型ガジェット「DrinkMate」

by Norio Nakayama Norio Nakayama on 2014.9.17


IMG_5652

その人がどれくらいの酒を飲み、どの程度酔っているか。そのひとつの指標が血中アルコール濃度だ。実際、酒気帯び運転の違反点数決めにも使われるこの値は、専門器具に息を吹きかけることで計測するのが通常だ。

そんな血中アルコール濃度をAndroid端末で簡単に計測できるようにしたのがEdge Tech Labsの「DrinkMate」だ。Kicksterterで支援募集中のこの小さなガジェットは、Androidを血中アルコール濃度測定機器にすることができる。

2014-09-09_1704

ガジェットの使い方はとても単純で、Android端末のMaicroUSB端子にDrinkMateを差し込み、専用アプリの指示の通りに息を吹きかけるだけ。それで、0.02%水準において誤差0.01%の精度にて血中アルコール濃度が測定できるとのこと。最大測定値は0.20%だが、その濃度は「泥酔」になるようなので十分なのだろう。

本体の長さは4.5cm、直径が1.5cmと、確かに特徴といえるほどの小ささ。バッテリーはAndroid端末から供給されるため不要であり、また息を吹きかけるだけであるため、清潔さも保たれる。

2014-09-09_1726

対応はAndroid端末だけだが、Kicksterterの結果によってはiOSへの対応も検討されるようだ。ただしAndroidも全ての端末に正式対応しているわけではないため、注意が必要である。

また、アプリも誠意開発中のようで、実装される機能がどれだけのものになるかも未定のようだ(毎週新機能を追加する、と宣言している)。

なお、Kicksterterでのプロジェクトはすでに成立しているため、12月には最初の出荷がされる見込みだそうだ。個人的には、運転できるギリギリの血中アルコール濃度を狙うためのガジェットになってしまわないかが、少し心配である。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------