福岡のニューワールドが、テレビで芸能人が着ている洋服を即買いできる「imanee(アイマニ)」をローンチ

SHARE:

imanee_featuredimage

福岡発のスタートアップであるニューワールドは25日、テレビで芸能人が着ているファッションアイテムをチェックし、購入することができるサービス「imanee(アイマニ)」をローンチした。スマートフォンからのみ利用できる。

imanee は、ニューワールドが約1年前から「Guider(ガイダー)」として提供していたサービスをリニューアルしたものだ。Guider はユーザ数7万人、月間アクセス数40万PVを稼ぎ出しており、これまでにアパレル企業22社93ブランドと提携している。

アパレル企業は、テレビドラマや各種番組への衣装貸出情報をニューワールドと共有、この情報をもとに imanee では出演者が着用していたファッションアイテムを紹介し、その商品を販売しているオンライン小売サイトへ見込み客を送客している。送客のリンクを見てみる限り、現時点ではアフィリエイトタグのようなものは含まれていないようだが、ビジネスモデルとしては、iQON などと同様、ファッション小売サイトへのアフィエイトによるものだろう。

imanee では、テレビで出演者が着用した衣装を紹介する以外に、テレビを見ていなくてもユーザが楽しめるファッション・コラムも掲載していくとしている。

有名人がテレビでなどで着用していたファッションを購入できるサイトとしては、アメリカの WhoWhatWearWornonTV、K-POPスター特化サイトの KIRANG などが存在する。今年 beLAUNCH 2014 にも登壇している韓国の Soundlly は、SBS(ソウル放送)と提携し、テレビから流れる音声信号に、人には聞こえない音波を載せて視聴者のスマホアプリを起動、視聴しながら出演者の衣装を簡単に購入できるユーザエクスペリエンスを提供している。

遅かれ早かれ、テレビショッピングを提供する子会社を持つテレビ各局も、おそらくこの分野には参入してくるのだろう。imanee の現時点でのビジネススキームにはテレビ局は関与していないようだが、テレビ局に何らかの利益が分配されるしくみが構築できれば、さらに大きなビジネスに化けるだろう。日本ドラマが恒常的に流れている、台湾や東南アジアのお茶の間にも需要が期待できる。

imanee_screenshot1 imanee_screenshot2

----------[AD]----------