電波塔を用いて、世界中から場所をトラックできる新しい形の追跡タグ「iTraq」

SHARE:

20150302_itraq02

GPSやBluetoothを利用した追跡タグはさまざまな製品が発売されているが「iTraq」は携帯電話の電波塔を利用することで、さらに便利で広範囲に追跡できる新しいタイプの追跡タグデバイスだ。

20150303_itraq

iTraqはGPSもBluetoothも使わず、あらかじめSIMカードがインストールされている。Bluetoothより広範囲に電波が届き、たくさんの電波塔の範囲内にいることでより正確な位置が把握できるようになる。もし電波塔の範囲外にiTraqが出そうなときは通知させることも可能だ。

GPSを使用したタグは電力消費が激しく最大でも数日しか持たないが、iTraqは最大で3年間(1日に1度起動させる頻度)バッテリーを持たすことができる。

20150302_itraq

クレジットカードよりも小さいサイズで、タグの位置は専用のiPhone/Android/Windows Phoneアプリで確認する。世界中の電波塔を利用できるため、財布など身近に持ち歩くものはもちろん、貨物や国をまたいで届ける荷物等、世界中を移動するモノにも利用することができる。

価格は1つ49ドルから、出荷は2015年8月からを予定、2015年4月4日まで支援を募っているが、すでにプロジェクトは達成している。