企業がコミュニティに対してダイレクトにスポンサードや商品タイアップを依頼できる「ナヲナス」

by Eguchi Shintaro Eguchi Shintaro on 2015.8.7

nawonascap

オンラインでのコミュニケーションが盛りあがると同時に、リアルなイベントを行う流れが起きている。セミナーや講演、大型のカンファレンスといったものから、ワークショップやキャンプなど、大小さまざまな催しが毎日各地で行われている。

そうしたイベントは、ときにコミュニティとなり継続的な集まりとして新たなソーシャルネットワークを築く場になっている。以前から、勉強会や朝会などビジネスマンなどが社外のつながりを作るために行っていたコミュニティも、いまやSNSの登場とともに多種多様なコミュニティが生まれ始めている。

そんなコミュニティを支援するためのサービスに、Peatixイベントレジストなどのイベントチケットサービスが登場してきたが、その次の形として企業がコミュニティに対して直接スポンサードやさまざまな支援を行うサービスが登場してきている。それが京橋ファクトリー社が8月5日にリリース「ナヲナス」だ。

price

「ナヲナス」は、さまざまなコミュニティやイベントに対して企業が新商品や新サービスなどの販促やサンプリング、モニタリングの場として使うことができる。コミュニティ主催者は、参加者に対して無料で飲料や商品などを提供することができ、結果としてイベントの価値を高めることができる。

「例えば、料理好きの主婦のコミュニティでは調味料や食材などのサンプリング、エンジニアの勉強会やコンペティションではソフトウェアなどの商材を景品として、草野球のチームやランニングサークルには新しいスポーツ飲料の試飲リサーチなど、それぞれのコミュニティに親和性の高いタイアップを行うことにより効率的な販促活動やマーケティングリサーチを可能とします」(京橋ファクトリー代表取締役社長、八木太亮氏)

企業は、利用料として10,000円の費用がかかり、これが京橋ファクトリーとしての手数料を取るビジネスモデルだ。また、コミュニティや企業に対して謝礼の設定も設定でき、そのうちの33%を手数料として京橋ファクトリーに支払う。つまり、企業は1万円からの低価格でコミュニティに対してのサンプリング提供などを行うことができる。もちろん、逆にコミュニティ側が企業の商品に対してオファーを出しタイアップの相談をすることも可能だ。リリース直後は、この10000円の利用料を10月まで無料で利用することができる。

tyeup

 

「これまでは、サンプリングを行うのでも企業はPR会社に数十万から数百万を支払っていましたが、ダイレクトにコミュニティと企業を結びつけることで企業はコストが下がり、コミュニティは運営資金が手に入り双方にとってのメリットを提供することができます。謝礼を有料にすれば、企業からコミュニティへのプロモーション目的のオファーに対してオンラインを通じて募ることができる、いわばクラウドソーシング的なものに近いです」(八木氏)

いわば、誕生会や勉強会などにビールやドリンク、食べ物などの提供といったことが可能になるかもしれない。今後は、それぞれの企業のニーズに対応したプランなども用意するという。すでにサービスリリースに対してアサヒビールやサントリービール、Uber Japanなど、複数メーカーや企業がナヲナスを使っている。これまで、PR会社などを通じて販促のマッチングを行ってきた行為が、ダイレクトにプラットフォームを通じてつながることによって、これまでリーチできなかったコミュニティに対して企業は商品やサービスをリーチすることができるかもしれない。

多種多様なコミュニティは、ニッチなコミュニティになればなるほど、そのコミュニティに集まる人たちのネットワークや感度が高く、コミュニティそのものに大きな価値を見出すことができる。イベント主催者やコミュニティを運営している人は、ぜひまずは使ってみてはいかがだろうか。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------