ドアスコープに取り付けて来訪者の通知や確認が可能なスマートカメラ「Peeple」

SHARE:

photo-original

既存のドアスコープに取り付けが可能、スマートフォン上で来訪者の通知や確認をすることができるスマートカメラ「Peeple」が開発されている。クラウドファンディングサービスKickstarterで支援を募集。目標額の50,000ドルを超える90,000ドルを調達。プロジェクトは成功となっている。

Peepleはセンサーとバッテリーを搭載した小型カメラ。玄関のドアのドアスコープに取り付けることができる。ドアスコープを直接除きたい時はいつでも取り外しが可能だ。

80880ac087a64567dea8d01a3de8e59b_original

自宅のWi-Fiに接続され、訪問者がドアをノックするかドアを開けた際に通知を送る仕組み。通知を受けて、アプリ上でドアの向こうに誰がいるかを映像で確認することが出来るとのこと。アプリはiOSとAndoroidに対応している。

bbc3508919418b88fac5fbd89304d56a_original

アプリ上で、ドアをノックした全ての訪問者の履歴を閲覧することも可能。自身が不在時に誰が来たのかを確認することが出来るというわけだ。在宅時でもPeepleで訪問者を確認することで、対応したくない人かどうかがすぐにわかる。

現在は149ドルで予約を受け付けている。発送は2016年5月となる見込み。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録