20万点を超える着回し案が投稿されるファッションコミュニティ「XZ」が通販サイト「Stylife」と連携

SHARE:

XZ-website

家のクローゼットには洋服が溢れているのに、「着ていくものがない」と感じてしまう女性たち。そんな彼女たちが、手持ちの洋服の魅力を引き出し合い、着回しのアイディアを共有し合えるファッション・コミュニティが「XZ(クローゼット)」です。2014年9月にサービスを開始したアプリのダウンロード数は13万件を突破。また2016年4月までに、20万点を超える着回しコーディネートが投稿されています。

そんなXZの運営会社であるSTANDING OVATIONは、楽天が運営するファッション通販サイト「Stylife」と連携し、XZ内で新品のファッションアイテムを自分の手持ち服とコーディネートしてシミュレーションできる機能を開始しました。今回の連携で、Stylifeで取り扱う新品アイテムがXZ内に登場。手持ちの服を思い浮かべながら着回しを「想像」するのではなく、実際にそれをXZ上でコーディネートしてみた上で気に入ったアイテムを購入することができます。

新たに服を買い足すのではなく「着回し」がコンセプトのXZでは、これまで「ユニクロ」「しまむら」などが好きな30代主婦を中心とするプチプラユーザーが目立っていました。でも、最近になって10代後半の高校生から20代OL層に至るまで、ユーザー層に広がりが見られています。このユーザー層の広がりと共に、Stylifeが取り扱う「ルミネ」や「パルコ」系のブランドのアイテム登録も増加しており、今後はこのファッション感度の高い層に対してもXZの価値を発揮していきます。

XZ XZ_outfit

ユーザーにとってXZの魅力の一つである「Q&Aコーナー」には、これまでに7,000件の質問に対して30,000件の回答が寄せられています。「着回し募集」や「コーディネート相談」に、今回新たに「買い物相談」が加わりました。購入検討している新品アイテムの着回しや色選びなどについて、他のユーザーに相談することができるもの。高校生や大学生などの相談に対して先輩の30代主婦が回答するような、ファッションを通じた世代間を超えたコミュニケーションが生まれています。

今後も、XZではユーザーによるアクティビティを活性化するための機能追加を予定。例えば、XZには、Q&Aで回答したり、登録アイテムが他のユーザーのコーデに使われると「Thank you!!」がもらえる仕組みがあります。近日中に、従来のフォロワー数やLIKE数など人気ユーザーのランキングに、Thank you!!数のランキングが追加されます。

「このランキングによって他ユーザーへの貢献度が可視化され、見た目の可愛さだけではなく、ファッションのセンスが評価される「ガールズ・スタイリスト」のような新たなスターが生まれるサイクルを創っていきます」(STANDING OVATION 代表取締役 荻田芳宏さん)

また、コーデのコラージュ画像に工夫をこらし、自己表現する若いユーザーが目立つようになってきました。今後は、コーデ・コラージュ画像内に、スナップやカメラロールの写真を取り込めたり、Q&Aで回答もらったユーザーが、実際に着用したスナップ付きレポートを載せられる「着レポ」機能などを追加することでXZのソーシャルな側面を強化していきます。将来的には、アパレルブランド向けに公式クローゼットを開設する予定も。ブランドファンのクローゼットの中身に最適化されたコーディネート提案を通じて、エンゲージメントを高めていきます。

XZは、女性が連れ立って買い物に出かける時の試着室でのやり取りをオンラインに持ち込んでいると言えます。これからは、必ずしも一緒に買い物に出かけなくても、それをXZの中で実現することができます。今後もXZでは、ユーザーがときめくクローゼット・コミュニティを育んでいくとのことです。