ベルリンの食材・レシピ定期購入サービスHelloFreshが8800万ドルを調達、IPOも視野に

by Chris O'Brien Chris O'Brien on 2016.12.21

Image Credit: Flickr user x-ray delta one
Image Credit: Flickr user x-ray delta one

食材とレシピセットの定期購入サービスを提供する、ベルリンのHelloFreshが、8800万ドルを調達したという報道があった。同社はIPOを視野に入れながら、事業開発を進めている。

ドイツのニュースサイトGründerszeneによれば、月曜日にHelloFreshは資金調達について明かしたという。だが、評価額については前回29億ドルであると発表して以来、アップデートしていない。このニュースは、Tech.euによっても報道された

ドイツのRocket Internetによるスタートアップ工場が生んだ製品でもあるHelloFreshは、主にRocket Internetから2015年2月に1億4900万ドルを調達している。2015年9月には、スウェーデンの投資会社であるBaillie Giffordが主導するラウンドにて、さらに8500万ドルを調達した。今回の調達を合わせると、VCからの合計調達額は3億6000万ドルになる。

最新の報道によれば、今回のラウンドにはBaillie Giffordとある謎の投資家も参加しているという。HelloFreshにおけるRocket Internetの持分は53パーセントにまで下がった。

Rocket InternetはHelloFreshの上場をしたいと考えていたが、同社の高評価額に対する懐疑と高いバーンレートが理由で上場の計画を見送ったという報道が2015年11月にはあった。だが、投資家情報のセクションがウェブサイトに設置されるなど、いくつかの動きは2017年のIPOに向けてHelloFreshが進んでいることを示すものだとGründerszene は述べている。

HelloFreshは、2016年の最初の九ヶ月に4億5525万ドルの売り上げがあり、その1年前の同期間の売り上げ2億566万ドルから伸びていることを発表している。だが、損失もまた2016年の最初の9ヶ月間で8019万ドルと、その1年前の6606万ドルから増えている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------