アプリ運営プラットフォーム「Yappli」が千葉銀行のAPIと連携−−汎用アプリ開発ツールでの残高・入出金明細の確認が可能に

SHARE:

d7187-27-336799-3

クラウド型アプリ運営プラットフォーム「Yappli」を運営するファストメディアは3月21日、千葉銀行が提供する「ちばぎんアプリ」において、APIを利用した口座照会機能の開発支援事例を公表している。

「ちばぎんアプリ」は同行の顧客サービスとして、2016年6月にリリースしたスマートフォン向けアプリ。今回の開発支援により「口座照会機能」が追加され、千葉銀行に口座を持つユーザーは4桁のパスコードを入力し、残高・入出金明細を確認することができるようになった。

ファストメディア社に確認したところ、このような外部のクラウドサービスに対して金融機関が口座等の情報をAPI経由で提供する事例はこれまでにないものになるという。銀行側でのセキュリティチェックなどハードルが高い銀行APIの利用ハードルを下げることができるとし、同様の事例を今後増やしていく予定。

Souce:PRTIMES

----------[AD]----------