無料P2P決済・送金サービスのKyash、iOSアプリの正式版をローンチ

SHARE:
Kyash のサービス開始を発表する、創業者で代表取締役の鷹取真一氏
Image credit: Masaru Ikeda

東京を拠点とするスタートアップで、送金・決済システムを開発する Kyash(キャッシュ)は5日、iOS 向けのモバイルアプリを正式ローンチした。iTunes AppStore からダウンロードできる。割り勘の精算、贈り物共同購入、旅行やイベントの集金などの用途に、個人間でのお金のやりとりが可能となる。なお、同社では Android 版アプリについて、今夏までのリリースを目標にしたいとしている。

また、Kyash ではサービスのローンチを記念して、利用開始時に新規優待コード「KYASH2017」を投入することで、サービスの紹介者および被紹介者に300円がアプリ上で進呈される。

Kyash の設立は2015年1月。昨年12月、個人間送金に使えるクレジットカードの機能を持った電子マネーウォレット「Kyash」を発表していた

Image credit: Kyash

5日、都内で開催された Kyash の発表会には、メガバンク3行が率いる金融グループ——三菱 UFJ フィナンシャル・グループ(MUFG)、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)、みずほフィナンシャルグループ(MFG)——のイノベーション部門担当者が一堂に会し、キャッシュレスのしくみに各行が取り組む事例を紹介、Kyash がもたらす送金革命の可能性について期待感を表明した。

左から:CARD WAVE 編集長 岩崎 純氏(モデレータ)、Kyash 代表取締役 鷹取真一氏(パネリスト)、三菱UFJ フィナンシャル・グループ デジタルイノベーション推進部 藤井達人氏(パネリスト)、三井住友フィナンシャルグループ イノベーション推進部 田村浩気氏(パネリスト)、みずほフィナンシャルグループ デジタルイノベーション部 辻和幸氏(パネリスト)
Image credit: Masaru Ikeda

Kyash の創業者で代表取締役の鷹取真一氏は、クレジットカードや電子マネーで実現できているオンライン/オフラインでお金を渡すという行為を、企業や商店に対してのみだけでなく、個人に対しても行える環境を Kyash を通じて作り上げていきたいと事業のビジョンを語った。

同社は2015年7月にシードラウンドで1.7億円を調達、さらに、昨年12月にシリーズAラウンドで10億円超を調達している。

----------[AD]----------