Mistletoe・朝日新聞・Tokyo Founders Fundら、ブロックチェーンによるクリエイター向け著作権管理ツール「Binded」に95万米ドルを出資

SHARE:
Image credit: Binded

孫泰蔵氏率いる Mistletoe は、アメリカを拠点とする著作権管理プラットフォーム「Binded」に対する、95万米ドルの出資に参加したことを明らかにした。

他にこの出資に参加したのは、朝日新聞、Vectr Ventures、M&Y Growth Partners、Tokyo Founders Fund、Social Starts など。

今回の調達により、Binded の累積調達金額は150万米ドルとなる。

Binded は調達した金額を人材確保、新機能連携、アメリカ著作権局に著作権登録できる機能の追加などに充てる。

2016年にローンチした Binded は、クリエイティブ業務に関わる人々が画像をアップロードすることができる。画像をアップロードされるたび、唯一固有のフィンガープリントが生成され、それが半永久的にビットコイン・ブロックチェーン上に保存される。こうして、クリエイターが自らの制作物の著作権証明が得られるというしくみだ。

Mistletoe の CEO である孫泰蔵氏は、公式のプレスステートメントで次のように述べている。

人工知能やロボティクスの時代において、クリエイティビティは、人間が持つ最も重要な資産だ。Binded は、クリエイターが自らのクリエイティビティを守り、マネタイズできるプラットフォームになるだろう。Nathan と彼のチームが著作権を民主化し、あらゆる場所にいるクリエイターのために、新しい経済の創造を支援してくれると確信している。

Binded は、Instagram や Twitter とも連携している。同社は、制作物が創造された時点でシームレスに著作権が生じたことを申告できるよう、あらゆるクリエイティブツールと連携したいとしている。

同社は、著作権侵害の可能性を検出する、著作権のモニタリングテクノロジーも開発している。この機能は現在、パブリックベータ版として提供されている。

Binded の共同創業者で CEO の Nathan Lands 氏は、次のようにコメントしている。

日本は、多くの著作物を持つ最大のクリエイター国の一つだ。将来、日本市場を理解し進出するのを支援してくれるパートナーを得たことに、大変興奮している。今日のクリエイティブ制作物を守るツールは時代遅れであり、現代のテクノロジーには適合していない。我々は、それを変えていく。

【via e27】 @e27co

【原文】

----------[AD]----------