中国のニュースアグリゲーション大手Toutiao(今日頭条)、コンテンツレビュアーを増員中——共産党員厚遇、レビュアーの数は合計1万人に

by TechNode TechNode on 2018.1.6

中国では、悪意のある人(または欲張りな人)に休みは無い。The Paper(澎湃)の報道によると、ニュースアグリゲーションプラットフォームの Jinri Toutiao(今日頭条)は現在、不快なコンテンツをアプリから取り除くレビュー編集者を2,000人採用中だ。Toutiao と Phoenix News(鳳凰資訊)は先週、ポルノ素材をばらまき、適切な免許を持たずにニュースを発信したとして懲罰を受けた。それぞれ、24時間または12時間にわたり、複数のニュースチャネルの更新停止を余儀なくされた。

編集者は天津を拠点とすることになり、毎日約1,000件のコンテンツのレビューを担当することになる。求人情報によれば、理想的な候補者はニュースや時事問題に関心があること、政治的に微妙な内容に対してバランスのよい感覚を持っていること、学士以上の学位を持っていること、可能であれば、共産党員であることを条件に挙げている。

Jinri Toutiao は、ユーザへのコンテンツレコメンデーションに人工知能(AI)を使っている。しかし、その急速に拡大しているため、最も鋭い検閲者でさえ止めることができない情報洪水が発生している。1億人以上のコンテンツ制作者によって作られた2,000万件以上の新しいコンテンツが毎日、Toutiao にアップロードされているからだ。Toutiao のコンテンツレビューを担当する編集チームは、海外製品を扱うスタッフも含め4,000人を超えている。これは中国最大の情報検閲チームだが、Toutiao の副編集長 Xi Yilong(徐一龍)氏によれば、この人数はまもなく1万人に達すると予想される。

<関連記事>

同社は現在、暴力、ポルノ、流血などを含んだ、日本発の動画のチェックするコンテンツ審査者を募集している。Toutiao はフェイクニュースとも戦っているが、この部分については、編集者集団が AI にとって代わられている

先週の処罰を受けて、Toutiao は調査し誤りを正すことを約束した。すでにメディアアカウント36件を禁止し、「レベルの低いコンテンツ」をばらまいたと疑われるアカウント1,064件を停止した。The Paper は、3日間で2,500件以上の不正アカウントが凍結されたと報じている。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------