予測技術で車の予期せぬ故障を防ぐシンガポールのCarmen Automotive、プレシリーズAラウンドで73万米ドルを調達

SHARE:

シンガポールを本拠とするビッグデータアナリティクス企業で、自動車保険会社やサービスセンターを顧客としている Carmen Automotive は、現地の投資企業 Silicon Solution Ventures(SSV)がリードするプレシリーズ A ラウンドで100万シンガポールドル(73万米ドル)を調達した。SEEDS Capital も同ラウンドに参加している。

Carmen は調達した資金を、シンガポール、マレーシア、タイを始めとする東南アジア一帯での製品展開の拡充に活用する。1億台を超える自動車を抱えるこの地域の市場に狙いを定めたのだ。

同社の顧客には、運送事業者のほか自動車保険会社、自動車ディーラー、ガレージサービスといった小売チャネルなどがある。データは顧客企業の売上拡大に活用されており、顧客に関わるべき適切なタイミングを把握できる。

2014年に設立された Carmen Automotive の予測技術は、専用の On-Board Diagnostics II(OBD II)ハードウェアを使ってバッテリーの寿命、コードの破損、燃料効率、走行距離といったリアルタイムデータを読み込む。運転手のスマートフォンとの Bluetooth 接続でクラウドのバックエンドにプッシュされるデータについて、継続的なアナリシスが自動的に実行される。問題が発生する前に運転手と修理センターの双方に事前にアラートが送られるので、予期せぬ自動車の故障を防止する目的でサービスセンターは顧客とタイムリーに関わることができる。

同社の現在の顧客には、運送事業者、自動車保険会社、自動車ディーラー、ガレージサービスチャネルなどがある。

設立者兼 CEO の Sem Chong 氏は次のように話している。

Carmen の今があるのは、何年も一緒に仕事をしているスタッフに加え投資家からの支援のおかげです。アーリーアダプターからいただいた多くのフィードバックを蓄積し、ユーザの満足度を高められるよう製品の最適化に向けて引き続き取り組んでいきます。

Carmen Automotive は以前、TRIVE からシードラウンド資金を調達していた。年内にシリーズAラウンドの実施を目指している。

SSV はシンガポールで設立された投資ファンド。SEEDS が指名したパートナーの1社で、Silicon Solution Partners が運営している。

Enterprise Singapore の投資部門として、SEEDS は有望なシンガポール拠点のスタートアップを支援している。誕生間もないスタートアップのほか、高度製造エンジニアリング(AME)、健康・バイオメディカルサイエンス(HBMS)、都市サステナビリティ・ソリューション(USS)といった戦略業界に特化している。フィンテック、人工知能(AI)、アグリテックといった新興技術にも関心を寄せている。

SEEDS は現在、500を超えるディープテックスタートアップ、40超のインキュベータ、アクセラレータ、 VC と協業している。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------